ここから本文です

広島OB 大野豊が語る平成カープ 1996年のメークドラマは「投手陣の力が足りなかったのが敗因」

4/25(木) 6:05配信

広島アスリートマガジン

1996年、三村カープは序盤から独走し、優勝へと突き進んでいた。しかし主力選手の離脱などもあり、ライバル・巨人に逆転優勝を許した。あれから23年。大野豊氏の胸には今も、あの悔しさが残っている。


*  *  *  *  *  *

96年、私は40歳で開幕投手を務めたのですが、かなり早い時期から開幕投手の打診を受けていました。しかし監督を務めていた三村敏之さんに「僕が開幕投手を務めているようでは、チームは強くなりませんよ」と話をさせてもらうなど、一度は断っていました。

何故かと言うと、当時私はプロ20年目でしたが、『やはり開幕投手というのは、投手陣の中心となる投手が投げるべきだ』と思っていたからです。三村さんからは「もちろん勝ってくれるのが一番だけど、万が一負けてもお前ならチームも選手もファンも納得してくれるんじゃないか」と言われました。そのように説得され、開幕投手としてスタートすることになりました。

この年に関しては春先から首位を独走していただけに、『優勝できる雰囲気』を感じましたし、『今年はいけるかも』という思いがありました。

しかし7月9日の巨人戦(札幌・円山球場)をきっかけに雰囲気が変わってきました。あの試合、私はチームに帯同していませんでしたが、やはりあの試合での大敗がターニングポイントになったと言わざるを得ません。

先発だった紀藤(真琴)を責めるわけにはいきませんが、振り返ってみると、ここで大敗したことでカープは勢いを削がれ、逆に巨人は勢いを増していきました。

6月途中には巨人に11.5ゲームの大差をつけていましたが、やはり我々の頭の中には『巨人は強いチームだ』という印象が常にありました。それだけに『いずれは差を埋めてくるだろうし、巨人とはいくらでも差をつけておいた方が良いだろう』と考えていました。

しかし、まさかそれをひっくり返されるとは思ってもみませんでした。そのゲーム差を抜きにしても、チーム状態が上がってくるチームと、下がってくるチームの差が現れてきたシーズンだったと思います。




(広島アスリートマガジン2019年5月号から一部抜粋・続きは本誌にて掲載)


▼ 大野 豊(おおのゆたか)
1955年8月30日生、島根県出身。
77年にテストを経てドラフト外で広島に入団。中継ぎとして頭角を現し、79~80年の連覇に貢献。先発に転向後は88年に沢村賞を受賞。91年には守護神として優勝に貢献し最優秀防御率に輝く。96年当時は先発に再転向し、40歳で開幕投手を務めたが故障もあり不本意なシーズンとなった。97年には42歳で最優秀防御率を獲得し、98年限りで現役引退。その後は広島で投手コーチも務めた。


*  *  *  *  *  *


広島アスリートマガジン月刊誌・特別増刊号は広島県内の主要書店および主要ネットショップでご購入できます。ぜひご覧ください。

広島アスリートマガジン編集部

最終更新:4/25(木) 6:05
広島アスリートマガジン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

広島アスリートマガジン

株式会社サンフィールド

毎月25日発売

定価900円(税込)

毎月カープ選手の独占インタビューを掲載!
独自の視点で構成する企画ページは必見!
OB大野豊氏のコラムも絶賛連載中

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事