ここから本文です

キャプテン・マーベル/シャザムが辿った複雑すぎる壮大な80年の歴史!

4/25(木) 12:00配信

otocoto

ついに公開されたDCEU最新作『シャザム!』。全世界で大ヒットを記録し、ここ日本でも話題を呼んでいる。『シャザム!』の面白さに触れ、より知りたい! と思った方も多いだろう。ただ、インターネットの大海を通じて「シャザム!」について調べた方は、ひとつの驚きに直面するだろう。「シャザム!」が「キャプテン・マーベル」と呼ばれていることを……。

きっと「あれ? キャプテン・マーベルは、MARVELのヒロインじゃないの?」と思うだろう。それも正解。しかし、シャザムもキャプテン・マーベルなのだ。なぜ「キャプテン・マーベル」が「シャザム!」と呼ばれるに至ったのか? これは一人のヒーローが歩んできた長きにわたる大河ドラマである。


■スーパーマンを超えた存在、キャプテン・マーベル

1938年はコミックの歴史上、最も偉大なる一年のひとつである。ナショナル社(後のDCコミック)がスーパーヒーロー「スーパーマン」を生み出したのだ。人知を超えた力を持って悪を退治する心優しきスーパーマンの登場は少年少女の心を瞬く間に掴み、大ヒットを記録した。スーパーマンの登場は、新たなヒーローの誕生を呼び込んだ。翌1939年には『Detective Comics』がバットマンを生み出す。暗さを纏ったクライムファイターの登場はヒーローの形を押し広げた。

スーパーヒーローコミックブームが沸き立つ中、各雑誌社は流れに乗ろうとオリジナルのヒーローコミック制作に乗り出す。作家のビル・パーカー、イラストレーターのC・C・ベックにより生み出されたフォーセット社のオリジナルヒーロー「キャプテン・マーベル」も、その大きなうねりの中から登場したひとつであった。時は1939年末。ワンダーウーマンも、キャプテン・アメリカも、まだ生まれる前の話だ。

物語はこうだ。「路上で生活しながら新聞配達で生計を立てるビリー少年はある日、謎の男に導かれ列車に乗りこむ。ビリーは洞窟の先で出会った謎の老人から教わった魔法『シャザム!』を唱えることで6つの特殊能力(“ソロモンの叡智、ヘラクレスの力、アトラスの体力、ゼウスの全能、アキレスの勇気、マーキュリーの神速”。これら古代の英雄や神の頭文字をとって「SHAZAM!」と呼ぶ)を持ったヒーロー、キャプテン・マーベルにできるようになった」。

……どこにでもいる普通の少年が、魔法の力でスーパーヒーローに“変身”するという斬新なアイディアは、瞬く間にビリーと同じ年頃の少年少女の心を掴んだ。翌1941年には『Adventure of Captain Marvel』のタイトルで初の実写映画化、一時期には毎月130万部を売り上げるという驚異的な数字を記録。キャプテン・マーベルは我が世の春を謳歌していた。

1/5ページ

最終更新:4/25(木) 12:00
otocoto

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事