ここから本文です

縄文人は戦争を誘発する農耕を拒んだ?

4/25(木) 12:43配信

PHP Online 衆知(歴史街道)

戦争は農耕とともに始まった

東の縄文人は、なぜ弥生化を拒み続けたのだろう。

広瀬和雄は弥生文化が、日本文化の源流として、次の三つの特性を持っていたと指摘している。端的に弥生時代を表現していて、じつに参考になる。

第一は、水田稲作や金属器の製作・使用に代表される大いなる技術革新で、文明社会のいわば正の側面である。第二は、社会の階層化や戦争や環境破壊など、その負の側面とも言えるものである。第三は、そうした正・負の要素が中国王朝を中核にした東アジア世界のなかで動きはじめる、いうならば国際化である(『歴博フォーラム 弥生時代はどう変わるか』学生社)

かつて、弥生時代の始まりは、文明開化とみなされていた。それが、第一と第三の指摘に当たる。その一方で、第二の負の側面も、ようやく注目されるようになってきたのだ。それは特に、九州や西日本で顕著だった。

北部九州で始まった水田稲作は、大きな社会変革をもたらした。

具体的にいえば、富が蓄えられ、首長(王)が生まれた。弥生時代の到来によってもたらされた「縄文と異なる文化要素」は、水田だけではなく、武器、環濠も重要だった。水田は、それまで園耕民が行っていた農作業とは比べものにならないほど大規模で、人びとの共同作業が求められた。そして、それを指導し指揮する者が集団のトップに立つ。

こうして、弥生化が進むと、戦争が勃発する。コリン・タッジは人類が戦争を始めたのは、農業を選択したからだと述べている(竹内久美子訳『農業は人類の原罪である進化論の現在』新潮社)。おそらくその通りだろう。余剰が生まれ、人口は増え、新たな農地と水利を求め、争いが起きた。日本列島でも、組織的な戦争は、弥生時代から始まったようだ。佐原眞も日本で初めて戦争が起きたのは弥生時代だといっている。神話の中で日本の国土は武器(矛)を用いて作り出された。乱暴者のスサノヲをアマテラスは「弓矢」で迎え撃とうとしている。葦原中国を平定に向かった武甕槌神(たけみかづちのかみ)は剣の神だ。天孫降臨も神武東征も、武人が活躍する(『大系日本の歴史1 日本人の誕生』小学館)。日本神話の神々は、好戦的で弥生的だ。

その上で、戦争を次のように定義している。すなわち「考古学的事実によって認めることの出来る多数の殺傷をともないうる集団間の武力衝突」(佐原眞編『古代を考える稲・金属・戦争』吉川弘文館)だという。そして、戦争の証拠の九割は、農耕社会から出土すると指摘する。

4/6ページ

最終更新:4/25(木) 13:45
PHP Online 衆知(歴史街道)

記事提供社からのご案内(外部サイト)

歴史街道

PHP研究所

2019年9月号
2019年08月06日発売

680円(税込)

【総力特集:三国志・男たちの五大決戦 何が明暗を分けたのか】歴史の分岐点ともなった決戦において、英雄たちは何を想い、いかに決断したのか。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事