ここから本文です

ガラッと変わったスーパーフォーミュラ。開幕戦でルーキーが大苦戦

4/25(木) 6:05配信

webスポルティーバ

 2番手スタートのパロウは、チームがグリッド上で輪止めを外し忘れるというミスを犯してしまった。作業禁止時間のタイミングで取り外しを行なったため、スタート手順違反でペナルティを受けてしまう。決勝ではアグレッシブな走りを見せたが、18周目にトラブルが発生してリタイアとなった。

 ポールポジションの牧野はスタートから順調に走ったが、27周目に右リアタイヤが突然外れるというアクシデントでクラッシュ。デビューレースはまさかのトラブルで鈴鹿を後にした。

 また、他の新人たちも「スーパーフォーミュラの洗礼」を受ける厳しい開幕戦となった。坪井、マルケロフ、ニューウェイはQ1で次々とアクシデントを起こし、ティクトゥムも他車との間隔を見誤って満足なタイムアタックができず、Q1敗退を余儀なくされた。

 スーパーフォーミュラは、ドライバーの速さだけではなく、チーム全体としてミスをせずに安定したパフォーマンスを引き出すかが重要になってくる。今年のマシンSF19はコーナリングスピードが上がり、ドライビングが難しくなったと言われている。ルーキーたちは、トラブルやアクシデントに巻き込まれないことの重要性を痛感した1戦だったのではないだろうか。

 そんな波乱の多いレース展開のなか、しっかりと結果を出してきたのは、昨年チャンピオン争いをした山本とキャシディだった。

 キャシディは予選で苦戦を強いられ、まさかの12番手からのスタート。だが、いち早くピットインしてソフトタイヤに交換する戦略が大当たりし、逆転で優勝を飾った。一方、予選3番手スタートだった山本も、レース序盤はミディアムタイヤでペースが上がらずに苦しんだが、最初のセーフティカー導入時のピットインで臨機応変に対応し、順位を上げて2位でフィニッシュした。

 そして、3位でチェッカーフラッグを切ったのは、スーパーフォーミュラ3年目の山下健太(KONDO RACING)。昨年の最終戦で表彰台に上がった3人が、今年の開幕戦でも表彰台を分け合った。

 今年の開幕戦はトラブルやアクシデントが多く、まだ全体の勢力図は見えづらい。ただ、この乱戦のなかで冷静さを保ち、結果を残してきたキャシディ、山本、山下の3人は今シーズンの中心的存在になりそうだ。

 それに対し、予選で他を圧倒する速さを証明した牧野やパロウなど、期待の新人ドライバーたちは次戦でどんなレースを見せるのか。今後の成長ぶりも、非常に楽しみなところだ。

吉田知弘●取材・文 text by Yoshita Tomohiro

2/2ページ

最終更新:4/25(木) 6:05
webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

スポルティーバ
4月4日(木)発売

定価 本体1,800円+税

フィギュア特集『羽生結弦は超えていく』
■羽生結弦 世界選手権レポート
■羽生結弦 グランプリシリーズプレーバック
■宇野昌磨、髙橋大輔、紀平梨花、坂本花織ほか

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事