ここから本文です

日本でアメ車が売れないと怒るトランプ大統領! 一方でアメリカでの日本車は人気は?

4/25(木) 6:20配信

WEB CARTOP

アメリカの販売台数トップ20のうち半数以上が日本車

 米トランプ大統領と安倍首相はとても仲が良い。世界の人々からそう思われている。先進国首脳会議やアジア圏での経済フォーラムなどに参加するたび、ほぼ毎月にように両首脳は直接顔を合わせているからだ。

伝説のアメ車「ACコブラ」!

 そんなトップ会談のなかでこれまでたびたび登場した話題は、自動車だ。トランプ政権側は「日本でアメ車が売れないのは、日本がアメ車に不利になるような法規制や自動車産業界の慣習などがあるからだ」と主張してきた。

 まあ、この手の話を真正面から捉える人は、日本にはいないだろう。日本人がアメ車を好まないのは、アメ車がアメリカでの生活でもっとも活きる商品であり、日本の風土に似合わないからだ。かといって、日本の風土に合うようなアメ車を作れば、それはそれで売れない。なぜならば、アメ車は”いかにもアメ車っぽい”ことが魅力的なのだから。アメ車と日本車は商品性として相いれないことが、それぞれの存在意義なのだと思う。

 では、話をアメリカ本土に移そう。そもそも、アメリカで日本車はどの程度売れているのか? 直近の販売データ(2019年2月)として、車種別トップ20のうち、半数以上の11台が日本車というトップ20を見てみよう。

 すると、第1位から順に、

 1位:フォードFシリーズ
2位:GMシボレーシルバラード
3位:日産ローグ
4位:ダッジ・ラム
5位:トヨタ・カムリ
6位:トヨタRAV4
7位:ホンダ・シビック
8位:GMシボレー・エクイノックス
9位:ホンダCR-V
10位:トヨタ・カローラ
11位:ジープ・ラングラー
12位:フォード・エスケープ
13位:日産セントラ
14位:ホンダ・アコード
15位:フォード・エクスプローラー
16位:ジープ・チェロキー
17位:日産アルティマ
18位:トヨタ・ハイランダー
19位:トヨタ・タコマ
20位:ジープ・グランドチェロキー

 と続く。トップ20のうち、半数以上の11台が日本車なのだ。

1/2ページ

最終更新:4/25(木) 6:20
WEB CARTOP

記事提供社からのご案内(外部サイト)

クルマの「知りたい」を完全網羅
新車試乗・最新技術・お役立ち情報 etc……
すべてがわかる自動車メディアの決定版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事