ここから本文です

社食にランウェイ、家具・本は持ち寄り。老舗アパレル企業のオフィス

4/25(木) 11:11配信

ライフハッカー[日本版]

フリーアドレスやリモートワークを取り入れる会社も増えるなか、「会社じゃなくても、仕事できたらよくない?」なんてみんながうすうす気付きつつあります。

【記事の全画像】社食にランウェイ、家具・本は持ち寄り。老舗アパレル企業のオフィス

そんな、どこでも仕事ができる(ような気がする)時代にあえて「通勤するメリット」や「通勤したくなるオフィス」とはどんなものかを考えてみたいと思います。

今回、足を運んだのは、株式会社アダストリア。

「GLOBAL WORK」「niko and ...」や「LOWRYS FARM」、「studio CLIP」などのブランド名を聞いたことはありませんか?

これらはすべて、アダストリアが展開しているブランドです。現在は20ブランド以上を展開中。

1953年、茨城県水戸市で設立した株式会社福田屋洋服店が、2013年に株式会社アダストリアホールディングスに商号を変更。何度かの引っ越しを経て、2017年には渋谷ヒカリエに本社を構えました。

渋谷駅構内から直結し、かつ地上27階というハイソサエティ環境。

しかしそのオフィスは、社員が心にゆとりをもてることを第一にデザインされた、穏やかさを感じられる空間でした。

どんな場所で働いている?

今回は、そんな株式会社アダストリアのオフィスデザインを紹介します。

お話してくれるのは、マーケティング本部コーポレートコミュニケーションズの佐田楠都子さん。

─植物が多く、とても開放感を感じるオフィスですね。オフィスのコンセプトはあるんでしょうか?

佐田:コーポレート・スローガンとして「Play fashion!」という言葉を掲げていて、服だけでなく生活そのものをファッションとして捉えていこうという意図があります。

そんなワクワクするような気持ちをお客様にも届けたいので、まずは働いている私達がワクワクする気持ちを持とうという感じです。

高層階ということを忘れさせる雰囲気を大事にしていて、植物は多めに取り入れています。

1/4ページ

最終更新:4/25(木) 11:11
ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事