ここから本文です

波乱必至の最速市街地バトル、F1アゼルバイジャンGPが4月25日に開幕

4/25(木) 12:30配信

Webモーターマガジン

ロングストレート重視か、コーナリングスピード重視か

2019年4月25日、F1第4戦アゼルバイジャンGPが開幕する。3戦連続1-2フィニッシュを決めたメルセデスAMGがここでも圧勝してしまうのか、パワー&最高速ではメルセデスAMGに勝るフェラーリが逆襲するのか、パワーアップした新しいパワーユニットを投入するというレッドブル・ホンダが優勝するのか、もうすぐ注目のグランプリが始まる。

2018年のアゼルバイジャンGPでメルセデスAMGのルイス・ハミルトンが優勝

F1第4戦アゼルバイジャンGPの舞台となるのは、首都バクーに設けられた市街地サーキット。このコースがなかなかやっかいだ。

バクーの市街地サーキットは、近代的な建物が並ぶフラットで直角コーナーが続くセクター1と、城郭の中の旧市街を周る起伏が激しい狭く曲がりくねったセクター2、そしてカスピ海に面した広い道をアクセル全開で駆け抜けるほぼ直線のセクター3で構成される。

道幅が広くロングストレートが続く区間では最高速が350km/hを超えるスピードが出る一方で、コンクリートが待ち受ける難しい直角コーナー、道幅が7mほどしかない旧市街の入り口、90km/h近くまでスピードが落ちる低速コーナーなどテクニカルなセクションもある。

アゼルバイジャンGPの予選は4月27日22時(日本時間)にはじまる

ストレートが長いためタイヤやブレーキの温度が下がってしまい、その後の超接近戦の中でマシンをコントロールするのが難しいことが、波乱の要因のひとつと言われている。また、市街地コースのため走り初めはとくに滑りやすく、高い建物に囲まれている部分では路面温度が場所によって異なる傾向もある。コース1周が6kmと長いのも特徴で、「世界最速の市街地サーキット」と言われる一方で、モナコ以上にアクシデントが多発するコースとして知られている。

昨年2018年のアゼルバイジャンGPでも、レッドブルのチームメイト同士の接触、セーフティカー導入中のクラッシュ、優勝目前のボッタスを襲ったパンクチャーなど、予測不能なさまざまなことが起きている。

ロングストレートを生かしてパワーでライバルに勝るフェラーリが優勝するのか、コーナリングスピードを重視したセッティングでメルセデスAMGが制するのか、チームとしてはコースのどこを重視してマシンを仕上げるか、どのタイヤをどこで選択するか、悩ましい問題となる。

F1第4戦アゼルバイジャンGPの予選は4月27日17時(日本時間22時)、決勝は4月28日16時10分(日本時間21時10分)に開始される。

2018年のアゼルバイジャンGPは、優勝 L.ハミルトン (メルセデスAMG)、2位 K.ライコネン(フェラーリ)、3位S.ペレス(フォース・インディア)、4位S.ヴェッテル(フェラーリ)だった。C.ルクレール(ザウバー)が6位入賞したのも記憶に新しい。(チームはすべて2018年のもの)

Webモーターマガジン

最終更新:4/25(木) 12:30
Webモーターマガジン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事