ここから本文です

空港に着いたら保安検査場が閉鎖中。そんな事態を避けるには?

4/25(木) 19:10配信

ライフハッカー[日本版]

空港の保安検査場で、果てしないほど長い列に並ばされるのは本当にうんざりしますよね?

【画像】空港に着いたら保安検査場が閉鎖中。そんな事態を避けるには?

しかし、もっと最悪なことがあります。それは、行ってみたら保安検査場が閉まっていた、という事態です。

先日Redditで、ユーザーのI-ThotYouSaidWeastさんが、空港で遭遇した悪夢のような出来事について語っていました。

「ダラス空港の保安検査場が11:30に閉まることを知らなかったんです。フライトの乗り継ぎの合間に夕飯を食べに行って戻ってきたら、全部閉まっていました」とI-ThotYouSaidWeastさんは書いています。

ハブ空港は営業時間が決められている

「保安検査場を開けてもらえなかったので、フライトスケジュールを変更しなければなりませんでした」

これは本当にあることです。すべての空港のすべての保安検査場が24時間オープンしているわけではありません。

ロサンゼルス国際空港やサンフランシスコ国際空港のような主要ハブ空港(セキュリティチェックをTSA:アメリカ合衆国運輸保安庁の職員ではなく、請負企業が行っている)では、営業時間が厳格に決まっています。

TSAの担当者によると、ニューヨークのJFK空港などでは、フライトスケジュールに基づいて、空港と航空会社の営業時間が設定されているそうです。

ターミナルごとの保安検査場も、フライトスケジュールに基づいて個別に営業時間が決まっているということです。

保安検査場が閉まっているという悪夢はどういう場合に起こるのでしょうか?

早朝のフライトや深夜の乗り継ぎ、フライトに大幅な遅延があった場合などは、保安検査場が閉まっている可能性があります。

トラベル系メディア「Points Guy」は、深夜便に遅延が発生した場合の危険性について次のように説明しています。

航空会社は、フライトが遅延した場合でも、最初に予定されている出発時刻に基づいてチェックイン、及びセキィリティチェックを済ますことを期待しています。

いちかばちか、出発時刻の遅れに合わせて、保安検査場へ遅れて行ってみてもいいですが、変更された出発時刻はあくまで推定時刻であることは頭に入れておきましょう。

言い換えれば、フライトが遅延したので当初の予定時刻より遅れて保安検査場に行くと、閉まっている可能性があるということです。

TSAに文句を言う前に、政府閉鎖の影響が、保安検査を担当する職員にも当然ながら及んでいることを思い出してください。多くの職員が何週間も給与停止にあっています。

また、フライトが24時間運行ではない小規模の地方空港では、保安検査場を24時間開けておくのは合理的でないことも理解すべきです。

1/2ページ

最終更新:4/25(木) 19:10
ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事