ここから本文です

ワキ臭擬人化ヒーロー「ワッキーセブン」誕生 現代アニソン界のキーマン・オーイシマサヨシら、謎に豪華なキャストが集まる

4/25(木) 19:06配信

KAI-YOU.net

株式会社マンダムの男性向けコスメブランド「ギャツビー」が、「ワキ臭」を擬人化したアニメWeb動画を公開した。

【画像】「ムッシムシにしてやるよ 」ワッキーセブンたちのキャッチコピー

動画には、ワキのニオイを構成する7種類のワキ臭を擬人化させたアニメキャラクター「ワッキーセブン」が登場。

声優をつとめたのは、若手声優企画・8P(エイトピース)。テーマソングは、アニソン界で現在もっとも注目されるオーイシマサヨシさんが担当した。

また、『化物語』『Fate/Grand Order』といったアニメ作品のプロモーション映像やテレビCM、宇多田ヒカルさん、オーイシマサヨシさん、T.M.Revolution、私立恵比寿中学のMVなど、実写からアニメ、3Dまで幅広い作品を手がけてきた映像クリエイターの篠田利隆さんが監督を務めた。

開設された特設サイトでは、キャラクターの詳細や自己紹介ボイスが聴くことができる。

ワキ臭が擬人化?

公開されたWeb動画では、ワキ臭の化身「ワッキーセブン」が、7種類のワキ臭の特徴をわかりやすく紹介。

マンダム独自の「嗅覚測定」による評価方法によると、ワキ臭は「ミルクタイプ」「酸タイプ」「カレースパイスタイプ」「カビタイプ」「蒸し肉タイプ」「生乾きタイプ」「鉄タイプ」の7種類。ワッキーセブンはそれぞれのニオイをモチーフとした武器を持ち、ニオイに絡めた決め台詞を発信する。

キャラクターデザインは人気ゲーム『ゴッドイーター』、アニメ『プリンス・オブ・ストライド』『アイドルマスター SideM』などのキャラクターデザインを手がけたクリエイターグループ・FiFS(フィフス)が担当した。

謎に豪華すぎる楽曲と声優陣

声優をつとめる8Pは、8人の若手男性声優が声優力を高めるために、先輩声優がやってきた様々な事に挑戦する企画。

Rakuten TVにて配信中の動画番組「8P channel」を中心に、演技力やトーク力やバラエティ力を磨き、歌唱、イベントなど、さまざまなジャンル・場面で企画を展開中だ。

テーマソングを担当したのは、今アニソン界で注目を集めているアニソンシンガー・オーイシマサヨシ(大石昌良)さん。

2014年にアニメ・ゲームコンテンツ向けに「オーイシマサヨシ」名義で活動はじめ、アーティストとしてTVアニメ『ダイヤのA』『月刊少女野崎くん』『多田くんは恋をしない』といった人気アニメや、特撮ドラマ『ウルトラマンR/B(ルーブ)』の主題歌を担当してきた。

デジタル・ロック・ユニット「OxT」としても活動中で、TVアニメ『SSSS.GRIDMAN』の主題歌「UNION」はiTunesを含めた数々の音楽配信サイトで1位を記録。

作家としては2017年に作詞作編曲を担当したTVアニメ『けものフレンズ』のオープニング主題歌「ようこそジャパリパークへ」の大ヒットを記録し、他アーティストへの楽曲提供なども行っている。

「ワッキーセブン」意味が分からんけどおもろいと話題に

ネット上では8Pやオーイシマサヨシさんといった豪華アーティストの参加に反響が集まる中、「ワッキーセブン意味わからん過ぎてずっと笑ってる」「ペナルティ ワッキーは必須だと思う」といったネーミングに対するツッコミも多く寄せられている。

森田将輝

最終更新:4/25(木) 19:06
KAI-YOU.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事