ここから本文です

地銀から転職 装う楽しさ知る ポルシェジャパン社長

4/25(木) 12:03配信

NIKKEI STYLE

《リーダーが語る 仕事の装い》ポルシェジャパン社長 七五三木敏幸氏(上)

 興味を引かれるモノがあれば見て触って、身につけて確かめてみる。ポルシェジャパンの七五三木(しめぎ)敏幸社長の未知なるファッションへの探究心は学生時代に芽生え、衣服へ靴へと広がった。ドレスコードが厳しい銀行員時代は靴で自己主張をし、輸入車販売会社に転職してからは自由を謳歌。各国の同僚と仕事をする中で、日本と外資系企業との服装の違いも見えてきた。

【写真はこちらで】地銀から転職 装う楽しさ知る ポルシェジャパン社長

■大学時代はイッセイミヤケのジャンプスーツも

――米アップルの新製品発表会のように、新車発表会でもトップが舞台の上を歩きながらプレゼンする機会が増えました。当然、服装にも注目が集まります。意識していることは何かありますか。

「誰に何を訴えるのか、プレゼンの場の雰囲気作りでファッションは重要な要素です。昨年12月の新型マカンの発表会ではコーデュロイのジャケットとジャージー素材のパンツに、ウールのタイを締めました。この車が狙う30~40代に共感してもらえる服を着たい、とスタイリストに伝え、提案してもらいました。このように発表会に際してはスタイリストと服装を考えますが、普段は自分で選びますよ。服を見るのも買い物も好きですから」

――服や雑貨に関心を持ったのは学生時代からですか。

「メンズクラブを愛読していたアイビー少年でしたが大学2年生で一転、モードに染まりました。浪人生だった友達が大学に行かずに文化服装学院に入学し、毎日のように一緒にパルコに通っていました。大好きだったのがイッセイミヤケ。カーキ色のジャンプスーツ(上下が一体となっているつなぎ)や藍染めのパンツを手に入れた時は、彼にサイズを直してもらって着ていました。コムデギャルソンの白シャツは今でも持っています。当然もう着られないのですが」

■就職は服装に厳しい銀行、カルチャーショック

――卒業後は群馬銀行に入行。服装に厳しい銀行では、ファッションを楽しめなかったのでは。

「もう、カルチャーショック。こういう世界があるんだなという……。ボタンダウンを着たら『そのシャツの襟はなんだ。うちはそういうのはだめ』とめちゃくちゃ怒られました。割り切って7年弱勤めた銀行では行員スタイルを貫きました。実際、ズボンはすぐ擦り切れるので、29000円くらいのノンブランドの背広をずーっと着て、普通のワイシャツに地味なネクタイ。その反動で週末の服装ははじけて、ボールのジーンズをはいてイタリアファッションを楽しんだんです。銀行の同僚がすれ違ってもわからなかっただろうな」

――銀行員時代は自分らしさを出せなかったんですね。

「冬に窓口が閉まった後、寒いからとトリコロールカラーのチルデンベストを着ても『だめ』。そこで考えましたね。靴です。足元はだれも見ません。リーガルや(ローファーで有名な)オールデンを履いていました。当時オールデンは4万円もしましたが今なお現役で35年目。ほかにはフェラガモ。靴図鑑のようなムック本にオードリー・ヘップバーンも履いている世界最高の靴とありました。興味を引かれたのでシンガポールに行った時に買ってきました。スニーカーよりも履きやすい革靴があることを初めて知りましたね。その靴もすでに靴底を4回張り替えていて、さらに修理するべきか考え中です」

1/2ページ

最終更新:4/27(土) 9:51
NIKKEI STYLE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフスタイルに知的な刺激を。
生活情報から仕事、家計管理まで幅広く掲載
トレンド情報や役立つノウハウも提供します
幅広い読者の知的関心にこたえます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい