ここから本文です

【中国風刺画コラム】中国が撲滅に取り組む「黒悪勢力」って一体誰のこと?

4/25(木) 16:36配信

ニューズウィーク日本版

<その対象にはなぜか一人っ子政策で1人しかいない我が子を失った「失独家庭」が含まれていた>

「堅持打早打小、将黒悪勢力消滅在萌芽状態(早く小さいうちにやっつけよう、黒悪勢力の芽生えを消滅させよう)」。先日、中国貴州省の省都・貴陽市のある保育園の正門前に掲げられたスローガンの写真が中国SNS上で話題になった。保育園に通う子供たちが「黒悪勢力」? 写真を見た人々は誰もが奇妙に感じた。

いま中国は「黒悪勢力」撲滅運動の真っ最中だ。今年1月に習近平(シー・チンピン)国家主席が中央政法工作会議で指摘。その後、街のあちこちに「黒悪勢力を消滅させよう」というスローガンが一気に出現した。保育園も例外ではない。

そもそも黒悪勢力って一体何だろう? 「黒社会(暴力団)の性質を持つ組織」という定義は一応あるが、地方官僚たちの理解はバラバラ。驚いたことに、湖南省や山西省などは「失独家庭」も黒悪勢力と見なして取り締まるつもりだ。

失独家庭とは、一人っ子政策で生まれたたった1人のわが子を亡くした親たちを指す。現在、中国の一人っ子家庭は2億世帯以上。失独家庭の数は政府からはっきり公表されてはいないが、たとえ1%だったとしても、200万世帯以上になる。

一人っ子政策が始まった時代、政府は「一人っ子政策を守ろう、政府は老後の面倒を見る」と約束した。一人っ子政策をきちんと守った親たちは、今は60~70歳。1人しかいないわが子が病気や事故で亡くなった老親の面倒を政府は見るのか。老親たちが老後を心配して政府に抗議するのは当たり前だが、彼らが「暴れる」と社会的な影響はもちろん自分たちの地位や官職も危なくなる......これが地方官僚を心配させた。

この問題を伝える記事にみんなあ然とした。弱い立場の失独家庭がなぜ黒悪勢力に? 黒悪勢力って一体何だ? 個人の正しい権利を求めるため、政府に抗議する人々は黒悪勢力なのか? 地方政府は慌てて取り締まり指示を撤回した。

中央集権体制の中国は、いつも民意より「聖意」。出世するため、上司の機嫌を取らなければならない。実績をアピールするため、ある地方政府は黒悪勢力の撲滅目標を定めた。

今後、この人治社会の国でどれほど「黒悪勢力」に無実の罪が着せられるか、とても心配だ。

【ポイント】
厳●打撃黒悪勢力(●はマダレに万)
黒悪勢力を厳しく取り締まろう

中央政法工作会議
毎年1月に過去1年間の中国国内の司法・治安行政を振り返りつつ、次の1年の重点政策を話し合う重要会議。主催する共産党中央政法委員会は全国の治安・司法機関を指導。トップの書記は司法大臣や最高人民法院院長を束ねる強い権力を持つ

<本誌2019年4月30日&5月7日号掲載>

ラージャオ(中国人風刺漫画家)/唐辛子(コラムニスト)

最終更新:4/25(木) 16:36
ニューズウィーク日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

CCCメディアハウス

2019-7・23号
7/17発売

460円(税込)

【特集】日本人が知るべきMMT
アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ