ここから本文です

元日本代表DF駒野友一の現在地 W杯経験者が“4部”JFLに見出す新たな楽しみとは?

4/25(木) 11:10配信

Football ZONE web

今季から岡田武史オーナーのFC今治でプレー JFLは「上がればJのステージに行ける」

 J3昇格を目指すJFLのFC今治に、1人のワールドカップ(W杯)戦士がいる。元日本代表DF駒野友一だ。Jリーグ通算524試合出場を誇る百戦錬磨の37歳は、キャリア初のJFLに何を見出しプレーしているのか。

【動画】全盛期と遜色のない精度! 今治DF駒野友一、JFL初ゴールとなる華麗な直接FK弾

 2018年11月、駒野は2年半を過ごしたJ2アビスパ福岡との契約が満了。今年1月、自身が出場した10年南アフリカW杯で日本代表を指揮していた岡田武史氏がオーナーを務め、育成年代の代表やサンフレッチェ広島時代に師事した小野剛氏が監督を務める今治に新天地を求めた。

 キャリアの大半をJ1で過ごしてきた駒野にとって、トップリーグのJ1から数えて“4部”に相当するJFLは未知の世界。実際、「JFLの試合の感じ、環境も分からなかった」と明かすが、それでもサッカーができる喜びがJFLへの先入観を拭い去ってくれたという。

「来てみて感じたことはいろいろあります。JFLはたしかに環境は厳しいかもしれない。そのなかで、今治は天然芝のグラウンド(スタジアム)、クラブハウスも持っているので、恵まれているかなと。でも、一番は大好きなサッカーができる場所があるということ。それだけで十分だと思います。今はJFLですけど、上がればJのステージに行けるわけで、どんどん上がっていく楽しみもあるので」

 Jリーグで19年間プレーし、04年アテネ五輪やW杯にも2度(06年、10年)出場した駒野。37歳とベテランになったとはいえ、基礎技術を含めた能力はJFLでは群を抜いている。開幕5試合(2勝3分)にフル出場し、第3節ソニー仙台FC戦(1-1)では直接FKで初ゴールを記録するなど、試合を重ねるごとに調子は上向いている。

「小野さんのやり方はある程度知っていたとはいえ、新しいチームに来てコンビネーションの構築には少し時間はかかりました。対戦相手のいろいろなチーム戦術に驚きもありましたけど、実戦だからこそ起こる問題や自分たちがクリアすべき課題も見えてきて、だいぶ慣れてきましたね」

1/2ページ

最終更新:5/4(土) 16:30
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事