ここから本文です

ロナウジーニョ級? ベネズエラ代表FWの曲芸に“本家”も反応「なんてドリブルだ」

4/25(木) 12:40配信

Football ZONE web

ヒムナシア19歳FWウルタードの度肝を抜く“技”にロナウジーニョもインスタで反応

 アルゼンチン国内のカップ戦「コパ・デ・ラ・スーペルリーガ」で生まれた曲芸テクニックに、天才クラッキも反応した。タッチライン際の攻防でマッチアップした相手に対し、軸足のかかとにボールを当て、足をつたわせてバックヒールでのシャペウを披露。19歳の逸材FWに対し、元ブラジル代表MFロナウジーニョも「なんてドリブルだ」と賛辞を送っている。

【動画】「なんてドリブルだ」と天才ロナウジーニョも反応 ベネズエラ代表FWウルタードの“曲芸テクニック”

 舞台は現地時間21日に行われたカップ戦の1次ラウンド第2戦、ニューウェルズ・オールドボーイズ対ヒムナシア・ラ・プラタ戦だ。第1戦を1-0で勝利したニューウェルズが、前半39分に本拠地で先制点を挙げたが、ヒムナシアが後半に怒涛の反撃を見せ、ウルグアイ人FWサンティアゴ・シルバの2ゴールなどで3-1と逆転勝利。2戦合計スコアでも3-2として、次のラウンドに駒を進めた。

 そのなかで、注目プレーが飛び出したのは後半アディショナルタイムだ。2トップの一角でフル出場したヒムナシアのFWハン・ウルタードが左サイドのタッチライン際で、ニューウェルズのアルゼンチン人DFステファノ・カレガリとマッチアップ。19歳のベネズエラ人FWはカットインするようなフェイントを入れた後、相手が間合いを詰めてきた瞬間に右足インステップで左足かかとにボールを当て、足をつたって浮き上がったボールをノールックのまま右足バックヒールで蹴って頭上を抜こうと試みた。

 相手のファウル覚悟のハードマークに遭い、やや低くなって肩口付近を通過したボールを自分で拾えなかったが、圧巻のテクニックで観る者の度肝を抜いた。

 ペルーのラジオ局「RPP」は「なんて天才だ!」と称賛するなど、海外メディアでも注目されていたが、「マルカ」紙アルゼンチン版によれば、ついにはテクニシャンとして鳴らした元ブラジル代表MFロナウジーニョも反応を示したという。

「なんてドリブルだ」

 ロナウジーニョは公式インスタグラムのストーリー(24時間で自動削除される写真・動画)で動画とともに称賛。マルカ紙も、「ロナウジーニョはベネズエラ人ハン・ウルタードの度肝を抜くプレーに魅了される。アルゼンチンサッカー界の年間ベスト?」と19歳の逸材について紹介している。

 今年3月のアルゼンチン戦でベネズエラ代表にもデビューしたウルタードにとって、天才ロナウジーニョからの“お褒めの言葉”は、何よりも自信となるに違いない。

Football ZONE web編集部

最終更新:4/25(木) 12:40
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事