ここから本文です

サマンサタバサ、創業社長が「突如交代」の理由

4/25(木) 4:40配信

東洋経済オンライン

 ヒルトン姉妹にミランダ・カー、ビヨンセ――。数々の海外セレブや国内トップモデルを広告宣伝に起用し、一世を風靡した女性向けブランド「サマンサタバサ」。同ブランドを展開するサマンサタバサジャパンリミテッドの創業者・寺田和正氏が4月25日付で、同社の社長を退くこととなった。

この記事の写真を見る

 1994年の創業時から社長を務めてきた寺田氏は、いったん代表権を持たない取締役に退き、5月23日の株主総会後に取締役も退任する見通し。社内にはとどまり、海外事業の子会社の運営などを担う方向で検討している。後任社長には、同社専務取締役の藤田雅章氏が就任する。

■交代発表後に株価が急落

 ブランドの「顔」として牽引してきた寺田氏退任の衝撃は大きかった。4月12日の16時に出された社長交代に関するリリースでは、交代の理由について「新たな経営体制により企業価値向上を図るため」とだけあっさりと書かれていた。

 それがさまざまな臆測を呼び、週明け15日の株価は前営業日比24円(7.8%)安の終値284円に急落し、年初来安値を更新。その後「異動の理由の補足説明」として追加のリリースを出す事態となり、「新経営体制で『社員の自立・自走』を実現させることができると判断した」などと説明した。

 「ネット上では『赤字が続いているので辞めたのでは』と書かれているが、そうではない。組織をグッと変えて社員が自立できるかたちが出来上がったので、社員一人ひとりの能力を引き出す組織の運営を新しい体制に託した」。4月23日に都内で開かれた決算説明会の場で、寺田氏は退任の理由についてそう強調した。

 2000年代に10~20代の女性から熱狂的な支持を集めて急成長した同社は、2015年度に売上高434億円とピークを記録した。だが、その後は主力とするバッグの売れ行き不振や不採算店舗の大量閉鎖が響き、3期連続で減収に。直近3年間で売上高は4割弱、グループ店舗数は2割強それぞれ減少した。

1/3ページ

最終更新:4/25(木) 4:40
東洋経済オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事