ここから本文です

巨人、吉川尚の代役で「山本泰寛」にビッグチャンス OBからは“仁志敏久2世”の声

4/25(木) 7:01配信

デイリー新潮

本人も気づいていない? 

 まさに明暗――。巨人は4月12日、二塁を守っていた吉川尚輝(24)が腰痛のためスタメンから外れると発表。2軍の山本泰寛(25)が1軍に昇格し、4月16日の広島戦で二塁手として出場した。

 ***

 試合終了後、山本はお立ち台に立ち、ヒーローインタビューを受けた。日刊スポーツ(電子版)が16日に報じた「巨人山本が初お立ち台、好走塁で吉川尚の穴埋め結果」から引用させていただく。

《1軍昇格した巨人山本泰寛内野手が、即結果を示した。6回無死、外角球をしぶとく右前に運んで出塁し、菊池保の暴投で一気に三塁を陥れると、打者小林の振り逃げ暴投で生還。ユニホームを真っ黒に汚しながらの好走塁で、貴重な追加点をもぎ取った》

 これには監督の原辰徳(60)も大喜び。翌17日の報知新聞(電子版)は「【巨人】山本、昇格即2安打 原監督『素晴らしいデビュー』」と報じた。

《初出場での好走塁に加え2安打2得点の大活躍。これには原監督も「素晴らしいデビュー。守備も堅実だし打撃もしぶとい。この状況の中、彼の力が必要だというところで良いプレーをしてくれました」と賛辞を惜しまなかった》

 更に4月21日、阪神戦では7回にタイムリー3塁打を放った。この日は若手の活躍が著しく、日刊スポーツは翌21日(電子版)に「巨人、平成生まれが躍動し首位 若手もつなぐ伝統」との記事を掲載した。

 ご覧の通りの注目株なのだが、山本泰寛は1993年10月生まれの25歳で、東京・荒川区の出身。小学校から軟式野球を始め、慶應高に入学。甲子園には出場していない。

 そのまま慶應大に進むと1年生からレギュラーに定着。2015年のドラフト会議で、巨人の5位指名を受諾し、契約金4千万円、年俸800万円で入団した。つまり、“野球界のスーパーエリート”として巨人のユニホームを着た男ではないのだ。

 野球解説者の小田幸平氏は「新人の頃から注目していました。レギュラーの座を獲得し、巨人を代表するスター選手に育つ可能性は、充分にあると思います」と期待を寄せる。

「もともと守備力は定評がありました。私が注目しているのは、彼は長距離ヒッターとしての潜在力があるからです。“仁志2世”かもしれません」

 二塁手やショートは、守備の要であることは言うまでもない。強打者というイメージは湧きにくいポジションでもある。巨人の歴代二塁手と、ベストナインの常連として選抜回数でベスト5入りした名二塁手の打撃成績を表にしてみた。どちらも、通算ホームランの順に並べている。

1/2ページ

最終更新:4/25(木) 21:57
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売

「デイリー新潮」は総合週刊誌「週刊新潮」が発信する最新の話題に加え、専任取材班による綿密な取材に裏打ちされた記事を配信するニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事