ここから本文です

「サカイ」が世界で評価され続ける理由 デザイナー阿部千登勢の“アップデート”力

4/25(木) 21:00配信

WWD JAPAN.com

なぜ、「サカイ(SACAI)」は世界で評価され続けているのか?その理由のひとつは、デザイナーの阿部千登勢が、自分自身をアップデートし続けているからだと思う。女性デザイナーが作る服は、デザイナーのし好がストレートに反映されることが多い。だから“好き”が時代とマッチしている時は良いが、ズレてもなお“好き”を貫く時、簡単に言えばブランドはファンとともに歳を取ってゆく。それはある意味幸せなことだろう。ただし、新しいファンを獲得するのは難しくなる。実際、デザイナーが一定の年齢になり、そこでブランドの“更新”が止まるケースをたくさん見てきた。

【画像】「サカイ」が世界で評価され続ける理由 デザイナー阿部千登勢の“アップデート”力

そういった意味で、今年20周年を迎える「サカイ」と阿部千登勢は一向に更新を止める気配がない。彼女の肌や髪は常に手入れが行き届いている、なんてことはデザインと関係がないようでいて実は大いに関係あると思うが、それはさておき、ビジネスに対する姿勢だけを見てもアップデートの様子がわかる。今春、パリに開いたポップアップストアが良い例で、今後は旗艦店がない欧米やアジアの主要都市に順次オープンするそうだ。パリの店の前で「こういったことをやっていきたいの」と話す阿部の目は輝いており、新しい売り方の開発はデザインと同じくらいクリエイティブな仕事なんだと改めて思った。

創業当時と比べると、「サカイ」の服は複雑になり、大きくなり、高価になっている。“日常の上に成り立つデザイン”をコンセプトに掲げる「サカイ」だけに、阿部自身が見る世界が20年前とは比べ物にならないくらい広がっているのだから当然だろう。

2019-20年秋冬コレクションでも、新たな野心を見せていた。ベースは実用的なアイテムで、それを重ねて絞ることで新しいカタチを生む。手の込んだパターンと素材やディテールで構成される服はクチュールのドレスのようだ。オーバーサイズのトレンチの上に小さなダウンのパーツを重ねたコートが代表的で、ベルトでキュキュット締めるとドレスを着ているような感覚になる。

1/2ページ

最終更新:4/25(木) 21:00
WWD JAPAN.com

記事提供社からのご案内(外部サイト)

WWD ジャパン

INFASパブリケーションズ

2093号
2019年7月22日発売

定価500円(税込み)

川久保玲が語る「コム デ ギャルソン」の50年 “ファッションはビジネスの中で使う素材。そうなったのは、偶然だ。”

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事