ここから本文です

プロ野球史上初の親子勝利投手が誕生(2007年4月26日)

4/26(金) 7:05配信

週刊ベースボールONLINE

 プロ野球の歴史の中から、日付にこだわってその日に何があったのか紹介していく。今回は2007年4月26日だ。

 2年目右腕の巨人・会田有志がこの日の横浜戦(東京ドーム)、2対3と1点ビハインドの8回表に登板。満塁のピンチを招きながらゼロで切り抜けると、その裏、打線が3点を奪って逆転した。9回表は豊田清が抑え、会田にプロ初勝利が転がり込んできた。

 会田の父は71年から80年までヤクルトに在籍し、29勝をマークした会田照夫。これまでプロ野球の親子投手は4例あったが、父と子が勝利を挙げたことはなかった。会田親子が史上初の親子勝利投手となった。

 2006年、大学・社会人ドラフト7巡目で中大から巨人に入団した会田は1年目、一軍登板はなし。同年秋、サイドスローからアンダースローに転向。くしくも父と同じ投法でプロ初勝利を手に入れた。

写真=BBM

週刊ベースボール

最終更新:4/26(金) 7:05
週刊ベースボールONLINE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ベースボールONLINE

株式会社ベースボール・マガジン社

野球専門誌『週刊ベースボール』でしか読めない人気連載をはじめ、プロ野球ファン必見のコンテンツをご覧いただけます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事