ここから本文です

ソフトバンク・柳田悠岐 埋めるには大き過ぎる穴/春の誤算“喜怒哀楽”

4/26(金) 12:01配信

週刊ベースボールONLINE

 左ワキ腹を痛めた中村晃の復帰が、自律神経失調症で見通せなくなった。グラシアルがその穴を埋めてくれると思われたが、開幕直後に左ワキ腹痛で離脱。打線のキーマン2人の離脱は痛手には違いなかったが、誤算中の誤算と言えば、やはり柳田悠岐の離脱をおいてほかにない。

 不動の三番打者として上々の滑り出しを見せた。3月29日の開幕戦(西武戦、ヤフオクドーム)で2盗塁、2戦目(同)で先発・今井達也から逆転グランドスラム。3戦目(同)でも逆転アーチを架け、守備でも好プレー。「結果はたまたま」と言い続けても、充実ぶりは疑いようがなかった。

 好調の二番・今宮健太との並びで打線をけん引し、故障者続出の不安を杞憂にしたかに思われた。しかし、ロッテにチーム7本塁打を浴びせた4月7日(ヤフオクドーム)。初回に口火を切る4号を放っていた柳田が、7回に三盗も決めた。どこかぎこちないスタートと、三塁ヘッドスライディングは、異変の表れだった。

「おかしいと思ったから、頭からいった。じゃないとしませんよ」

 翌日、診断の結果は左ヒザ裏の肉離れ。全治3週間だった。工藤公康監督も、もはや強がるではなく「痛いですよ。痛いなんてもんじゃないですけど」と率直に漏らした。チーム全体でカバーとは、そのほかの大部分がそろっていて言えること。欠けたピースの多い状況では、カバーするだけの布地がない。そもそも埋めようのない「柳田の穴」が、ソフトバンクの土手っ腹に大きく口を開けた

写真=湯浅芳昭

週刊ベースボール

最終更新:4/26(金) 12:41
週刊ベースボールONLINE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ベースボールONLINE

株式会社ベースボール・マガジン社

野球専門誌『週刊ベースボール』でしか読めない人気連載をはじめ、プロ野球ファン必見のコンテンツをご覧いただけます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事