ここから本文です

巨人・吉川尚輝内野手 離脱はショック/“春の誤算”喜怒哀楽

4/26(金) 12:02配信

週刊ベースボールONLINE

 本人以上に、チームにとっても無念の離脱となった。開幕からリードオフマンとしてチームを引っ張ってきた吉川尚輝は、開幕前に「一年間一軍にいることが一番大事。試合に出るために、ケガをしないことが目標です」と語っていたが、体は早くも悲鳴を上げてしまった。

 正二塁手の座をつかんだ昨季は8月に一塁へのヘッドスライディングで左手を骨折し、残りのシーズンを棒に振った。全試合出場を目指して臨んだ今季は、春季キャンプから打撃が好調。原辰徳監督はシーズン開幕を前にして「一番・セカンド、吉川として一年間戦っていってもらいたい」と明言。坂本勇人、新加入の丸佳浩、四番・岡本和真のリーグ屈指の強打者たちへとつなぐ重責を与えられた。

 開幕から11試合連続で「一番・二塁」で出場し、打率.390と大活躍。チームメートの坂本勇らとリーグの打率トップの座を争い、首位争いを展開するチームの原動力となったが、4月12日に出場選手登録を抹消。原因は春季キャンプでも痛めた腰部の痛みだった。

 原監督は試合終盤にベンチに下げ、スタメンを外しても出場登録を抹消せずに回復を待ったが、「(抹消が)いいという判断。早めに帰ってきてもらいたい気持ちと、しっかり治して、というところと非常に半々」と苦渋の決断を下さざるを得なかった。

 高い身体能力がゆえに、体にかかる負担は相当なもの。離脱はチームにとっても大きな痛手で、回復と復帰が待たれるが、果たして。

写真=BBM

週刊ベースボール

最終更新:4/26(金) 12:38
週刊ベースボールONLINE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ベースボールONLINE

株式会社ベースボール・マガジン社

野球専門誌『週刊ベースボール』でしか読めない人気連載をはじめ、プロ野球ファン必見のコンテンツをご覧いただけます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事