ここから本文です

「メンタルヘルス」が抱える課題と今後の展開

4/26(金) 7:30配信

日本の人事部

「エンゲージメント」のレベルを高めることが効果的

「エンゲージメント」とは、個人と組織が共に成長する関係のこと。「エンゲージメント」の高い組織で働く人は、自らの能力を十分に発揮し、評価されていると感じています。また、組織に対して愛着を覚え、良好な人間関係を築いています。このような状態にある人は、メンタルヘルスも高いレベルで保たれていると考えられます。「エンゲージメント」を高いレベルに持っていくことはメンタルヘルス対策として効果的な方法といえるでしょう。

「キャリア開発」によってメンタルヘルス不調者を出さない仕組みを

「キャリア開発」とメンタルヘルスは、切り離せないテーマ。メンタルヘルス不調による休業から復職できたとしても、キャリアに関する支援がなめれば再発し、再び休職するケースが少なくないからです。そのため再発を防ぎ、その人がどのように組織の中でキャリアを築いていくかを一緒に考える、サポート体制が求められます。このようにきめ細かな支援を行うことによって、従業員一人ひとりのパフォーマンスやモチベーションを向上させ、キャリア開発につなげていこうとする考え方は、近年のメンタルヘルス対策の潮流となっています。

「キャリア相談室」には行きやすいけれど「メンタルヘルス相談室」はハードルが高い、と感じる従業員もいるかもしれません。そのため、キャリア相談室に来た人の中にメンタルヘルス不調の人がいたら、メンタルヘルス相談室にリファーし、具合が良くなったらキャリア相談室に返す、といったように連携を取り合って支援する体制を構築することも重要です。実際、最近は産業医がキャリア相談室と連絡を取って対応するケースが増えているようです。このように総合的な支援を行うことが、今後のメンタルヘルス対策においては重要となりそうです。

2/2ページ

最終更新:4/26(金) 7:30
日本の人事部

記事提供社からのご案内(外部サイト)

日本の人事部

株式会社アイ・キュー

毎週更新

無料

日本最大のHRネットワーク。企業研修、採用
、評価、労務などのナレッジコミュニティと
して、イベントや雑誌などと連動しながら
「人・組織」に関する課題解決をサポート。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事