ここから本文です

国内で海外旅行気分!?フォトジェニックすぎる「志摩地中海村」へ行ってみた【三重県】

4/26(金) 10:01配信

じゃらんニュース

志摩が誇る英虞湾(あごわん)ブルーの絶景と、地中海の白い街並みが楽しめる「志摩地中海村」は、ホテルをメインに展開するリゾート施設です。

3つの宿泊棟ゾーンと1つのレストランからなり、それぞれ異なる地中海リゾートをモチーフにした街並みが楽しめます。
この街並みが、「映える~!」「日本とは思えない!」「海外リゾート気分が味わえる♪」と数年前からSNSで話題に。今や国内有数のフォトジェニックスポットとして知られています。

英虞湾を望む丘陵地に突如現れた地中海リゾート♪

カーナビの案内に任せて、伊勢自動車道の玉城インターで降りることに。
途中、意外と山道が多いなぁとか、わぁ~~海際ギリギリを走るんだ~とかキャッキャ言いながらドライブを満喫。
インターを降りて45分くらいで目的地、到着です~!

今回は日帰り利用なので日帰り用の駐車場に車をとめ、入門ゲートへ向かいます。すでにワクワク♪

まずは地中海のリゾートアイランドを模した「サルジニアゾーン」から♪

入口ゲート正面にある噴水広場の右手に広がるのが「サルジニアゾーン」です。

イタリア本島の西、地中海に浮かぶリゾートアイランド、サルジニア島(イタリア語だとサルディーニャ島)をモチーフに造られたエリアで、土壁の街並みが印象的。
晴れた日は、空をた~~っぷり入れて広めに撮ると、海外旅行っぽい写真が撮れますよ!

「サルジニアゾーン」と「アンダルシアゾーン」の境目あたりで早くもSNS映えスポット発見!
白壁にランダムに飾られている黄色い鉢植えが映える~~。かわいい~~!
さっそくポージングしてみました!

建物の窓を入れた広めのパターンと、鉢植えの回りに寄ったパターンと両方撮ってみました。さすがSNS映えスポットだけあって、実は目の前には撮影待ちの人だかり…だったりします。
でも今日は海外リゾート気分!だからハメを外してこんなポーズもできちゃうんです(笑)

白壁をフレーム代わりに、建物と建物の間から覗く英虞湾を撮ってみた!

どこを切り取っても絵になる「アンダルシアゾーン」。

撮りたいところだらけで、なかなか先に進めないのが悩み(笑)

1/4ページ

最終更新:4/26(金) 10:01
じゃらんニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事