ここから本文です

昭和の戦争は避けられなかったのか? 永田鉄山、石原莞爾、武藤章…陸軍の戦略構想

4/26(金) 12:10配信

PHP Online 衆知(歴史街道)

三国同盟と日ソ中立条約の狙い

事件当時、参謀本部作戦部長の要職にあった石原は、事態不拡大を主張する。
中国国民の統一に対する志向性は強いと見て、戦線が拡大すれば長期持久戦となり、ソ満国境に対する備えもできなくなると恐れたのだ。
ところがこれに反し、事態拡大を唱える者がいた。統制派の武藤章と田中新一である。
武藤と田中は、中国は国家統一が不可能な状態にあり、強い一撃を加えれば、国民政府を屈服させられると考えた。
さらにこれを機に、華北分離政策を実現し、華北の資源と市場を確保したうえで、ソ満国境に備えるべきだとした。
彼らは陸軍士官学校の同期で、永田の構想に影響を受けていた。事態拡大の主張の裏には、華北分離工作を中止した石原に対する反発があったと見ていいだろう。
ただし、武藤と田中も中国側の抵抗について目算がなかったわけでなく、当時の生産体制で、ある程度中国との継戦は可能だと見ていた。また当時、ソ連軍内で粛清があったり、米英の目線がドイツにむかっていたことから、好機と判断したのである。
武藤は統制派の影響力を背景に、石原を陸軍中央から排除する。しかし事態を拡大したものの、国民政府はなかなか屈服せず、日中戦争は泥沼化していくのである。
さらにそうこうしているうちに、昭和14年(1939)9月、ドイツによって第二次世界大戦が引き起こされる。
陸軍省軍務局長に就任した武藤は、いずれどこかの国、つまり勝者となるであろう国と組まなければならないと考えていたが、「まずは不介入」という姿勢を見せる。不介入の間、国家総力戦の体制を整えようとしたのだ。
武藤ら陸軍が資源計算したところ、日本は独自で4年間の長期戦を戦えるだけの資源を確保しなければならず、決定的に不足するのは、石油、ボーキサイト、そしてゴムであった。ボーキサイトは飛行機の機体に、ゴムは戦車に必要であった。
ただいずれも、中国では足りず、石油はインドネシア、ボーキサイトはインドネシアとマレー半島、ゴムはマレーとインドシナ半島に存在した。
となると、これらの地域を日本の影響下に置かなければ、4年間の長期戦は戦えない。
折しも、ヨーロッパでは、ドイツがフランスとオランダを占領していた。
これによって、仏領だったインドシナ半島(仏印)はドイツの影響下に、オランダ領のインドネシアは、オランダ政府のイギリス亡命により、その影響下に入る。
さらにドイツは、イギリスとの戦いを優位に進めており、仮に勝利すれば、東南アジアの植民地すべてが、ドイツの影響下に置かれる。
ここにおいて、武藤ら陸軍は、日独伊三国同盟を結び、ドイツに東南アジアの資源取得を認めさせるかわりに、対英参戦を考える。ただし、そうなると米英の関係から、アメリカとも戦争になる可能性がある。
もっとも陸軍も、国力が12倍もあるアメリカとは戦いたくない。そこで、ソ連と日ソ中立条約を結び、日独伊ソの4国で、ユーラシアを制し、それによって、アメリカの介入を防ごうと企図する。
かくして昭和15年(1940)9月には日独伊三国同盟が、翌16年(1941)4月には日ソ中立条約が結ばれる。

4/5ページ

最終更新:4/26(金) 12:45
PHP Online 衆知(歴史街道)

記事提供社からのご案内(外部サイト)

歴史街道

PHP研究所

2019年9月号
2019年08月06日発売

680円(税込)

【総力特集:三国志・男たちの五大決戦 何が明暗を分けたのか】歴史の分岐点ともなった決戦において、英雄たちは何を想い、いかに決断したのか。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事