ここから本文です

2019 ホンダ新型CB650R/CBR650Rの試乗インプレッション[後編]スペインメディアはどう見た?

4/26(金) 11:31配信

WEBヤングマシン

イギリス/スペインメディアによるダブルインプレッション!

南スペインのアルメリアで行われたCB650R & CBR650Rの試乗会に、英国WEBメディアのMoreBikesとスペインのSOLOMOTOが参加。2つの異なる価値観を持つメディアによるダブルインプレッションをお届けしよう。本稿はその後編となり、スペインSOLOMOTOのインプレッションおよびマシンの詳細解説を掲載する。

【写真をまとめて見る】

TEXT:MoreBikes(UK)/SOLOMOTO(ESP) PHOTO:Honda

SOLOMOTO(ESP):Rの名が変革を表現するネイキッドスーパースポーツ

経済的で実用的なホーネット600の栄光の舞台のあと、ミッドレンジのネイキッドセグメントはホンダにしばらく放置されていた。CB1000Rのようなネオスポーツカフェとして魅力的な製品を提供する必要があったホンダは、新しいネイキッドスポーツを作るためにFからRコンセプトへと転換を図ったのだ。

LEDのヘッドランプなどをひとつひとつ挙げるまでもなく、CB650Rは完全に生まれ変わっている。全ての目新しさの中でエンジンだけは引き継いだが、これも大幅な修正を受けた。

従来よりもはるかにスムーズな低中速のトルクデリバリー、そして7500rpm以上の振る舞いも大きく変わっている。最高出力は従来の5%増しとなる95psを発生。環境性能やエレクトロニクスも向上し、スムーズなアンチホッピングクラッチや、オフにはできないがABS同様に全く邪魔にならないトラコンも装備している。

車体も新しく、約2kgの軽量化の達成だけでなく倒立フォークなども採用した。標準装着のメッツラー・ロードテック01が秀逸な点も述べておこう。

贅沢なカラーTFTのメーターはやや小さすぎるが、手元ボタンでの操作はしやすい。いずれにせよ、この新型ネイキッドは細部にわたるまでよく改良されている。快適で軽く、個性があって仕上がりもいい。このバイクはホーネットと同じ成功を収めるだろう。

スーパースポーツの雰囲気と快適さの両方を持っている

CBR650Rは2つの最高の世界を提供してくれる。スーパースポーツの外観と装備、そしてフレンドリーで多目的な性格だ。ホンダはCBRにファイアーブレードの雰囲気を与え、そのことで快適性が犠牲になっているかと思わせるが、そんなことはない。ライポジはより荷重を与えやすくなっていても、硬すぎる印象はない。

1/4ページ

最終更新:4/26(金) 12:31
WEBヤングマシン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ヤングマシン

内外出版社

2019年10月号
8月23日発売

定価880円(税込)

大特集:銀のバリ伝 その先のバイクライフ
新カタナ・カスタム特集
2019鈴鹿の暑い夏
別冊付録:世界初・日本発 列伝

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事