ここから本文です

2019 ホンダ新型CB650R/CBR650Rの試乗インプレッション[後編]スペインメディアはどう見た?

4/26(金) 11:31配信

WEBヤングマシン

[エアクリーナー断面 新旧比較イメージ図]エアクリーナーエレメントを従来よりも20度立てて、吸気がよりスムーズにファンネル側に流れる構造に。エレメントの開口面積は約1.7倍へと拡大している(CBR650Rと共通)。

[テールパイプ角度比較イメージ図]2車共通のマフラーはテールパイプ径をφ35mm→φ38mmに拡大。テールパイプの角度を35.4度上向きとし低中音域の充実を図った。

メーターパネルは表示面を縁まで透明アクリルで覆うフルフラットデザイン。従来比で約21mmの薄型化と93gの軽量化も果たした。

従来のCB650Fに対し、ステップ位置を3mm上げ&後方へ6mm移動。グリップ位置は13mm前進&8mm下げられ、より軽快に操りやすいライディングポジションとなった。

CBR650R:マシン解説[CBRもFからRへと華麗な転身]

CBと同様にCBR650F→CBR650Rへとモデルチェンジ。おとなしいデザインだった先代から一気にCBR1000RR寄りのスポーティな外観となり、エンジンのパワーアップや軽量化で快適性を保ちながら爽快な走りも身に着けている。

【HONDA CBR650R 2019】主要装備■全長2130 全幅750 全高1150 軸距1450 シート高810(各mm) 装備重量207kg■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 648cc 95ps/12000rpm 6.5kg-m/8500rpm 変速機6段 燃料タンク容量15L■ブレーキF=φ310mmダブルディスク R=φ240mmディスク タイヤサイズF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ●価格:103万6800円~106万9200円

LEDデュアルヘッドライトとレースイメージのカラーでCBR1000RR風に。テールまわりには利便性の確保がうかがえる。

共通のフレームは剛性バランスを見直し。ピボットプレート部は従来の鍛造プレートからプレス成型品を組み合わせたボックス構造に変更し、軽量化&高剛性化を両立した。シートレールはアンダーパイプ接合部を移動したほか、シート後端を60mm短縮しマスの集中化に寄与。

3/4ページ

最終更新:4/26(金) 12:31
WEBヤングマシン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ヤングマシン

内外出版社

2019年09月号
7月24日発売

定価880円(税込)

大特集:カテゴリー別 新車走評200車
新製品テスト NinjaH2SXSE+他
好評ヤンマシ写真部 顔面博覧会
別冊付録:ツーリングバッグ大図鑑

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事