ここから本文です

【ホーストカップ】元K-1レイ・セフォー推薦、ラモン・デッカーの弟子と大石駿介が対戦

4/26(金) 12:21配信

ゴング格闘技

 5月26日(日)名古屋国際会議場イベントホール『HOOST CUP KINGS NAGOYA 6』の対戦カードが発表された。

【写真】後ろ蹴りを見舞う大石

 64kg契約3分3Rで、ISKAムエタイ世界スーパーライト級王者・大石駿介(OISHI-GYM)がWFKKO世界王者リー・コ―ベル(イギリス)とノンタイトル戦を行う。

 地元名古屋の世界王者・大石が、かつてK-1ヘビー級で活躍したレイ・セフォーが選抜したムエタイ世界王者コ―ベルと対戦する。コ―ベルは80~90年代に中量級世界最強と呼ばれたラモン・デッカーに師事し、WFKKOほか複数のキックボクシングタイトルを獲得。

 現在はレイ・セフォーがプロデューサーを務めるアメリカの総合格闘技団体『PFL』所属で活躍、今回が久々のキックボクシング参戦となる。海外サイトのレコードによればMMAの戦績は4勝2敗。キックボクシングでは右ローを主体としたムエタイスタイル。

 デッカーの弟子、セフォーの推薦という肩書きを持つ相手に、大石が世界王者の実力を見せつけることが出来るか。

<決定対戦カード>

▼64kg契約 3分3R・延長1R ※ルール調整中
大石駿介(OISHI-GYM/ISKAムエタイ世界スーパーライト級王者)
vs
リー・コ―ベル(イギリス/レイセフォーDNA/WFKKO世界王者)

最終更新:4/26(金) 12:21
ゴング格闘技

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ゴング格闘技

ジャパンコンテンツマネジメント

ゴング格闘技
2019年7月23日発売

定価 本体1,111円+税

【特集】快挙! 世界二冠・堀口恭司とは何か?
■DJら対戦者が語るキョージ・ホリグチ
■「格闘兄弟」朝倉未来&海ほか
■魔裟斗×武居由樹/亀田が語る那須川天心

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事