ここから本文です

錦織がカルバレス バエナを倒して今季3度目の準決勝進出 [男子テニス]

4/26(金) 23:40配信

テニスマガジンONLINE

 ATPツアー公式戦の「バルセロナ・オープン・バンコサバデル」(ATP500/スペイン・バルセロナ/4月22~28日/賞金総額274万6455ユーロ/クレーコート)のシングルス準々決勝で、第4シードの錦織圭(日清食品)がロベルト・カルバレス バエナ(スペイン)を6-4 7-5で倒し、ベスト4に進出した。試合時間は1時間53分。

ATPツアー2019(バルセロナ)|PHOTOアルバム

 バルセロナに2年連続8度目の出場となる錦織は、2014年と15年に2連覇を達成。昨年はギジェルモ・ガルシア ロペス(スペイン)との2回戦を、第1セット終了後にリタイアしていた。

 今大会での錦織は、初戦となった2回戦でテイラー・フリッツ(アメリカ)を7-5 6-2で破って3大会ぶりのマッチ勝利を挙げると、3回戦では第16シードのフェリックス・オジェ アリアシム(カナダ)を6-1 6-3で退け8強入りを決めていた。

 両者は今回が初対戦。カルバレス バエナは予選決勝で敗れたが、ファビオ・フォニーニ(イタリア)がハムストリングの故障で棄権したためラッキールーザーで本戦入りしていた。

 今シーズンの錦織は、開幕戦のブリスベン(ATP250/ハードコート)で約3年ぶりにタイトルを獲得してツアー決勝での連敗を「9」でストップし、オーストラリアン・オープン(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)では3年ぶり4度目の8強入りを果たした。

 錦織は準決勝で、第7シードのダニール・メドベデフ(ロシア)と対戦する。メドベデフは準々決勝で、ラッキールーザーのニコラス・ジャリー(チリ)を6-3 6-4で下しての勝ち上がり。

BARCELONA, SPAIN - APRIL 26: Kei Nishikori of Japan celebrates defeating Roberto Carballes Baena of Spain during their quarter final match during day five of the Barcelona Open Banc Sabadell at Real Club De Tenis Barcelona on April 26, 2019 in Barcelona, Spain. (Photo by Alex Caparros/Getty Images)

最終更新:4/27(土) 15:34
テニスマガジンONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事