ここから本文です

VRで英語を学ぶ? 海外で暮らすような仮想体験ができる学習法

4/26(金) 17:45配信

ニューズウィーク日本版

<現地で暮らすことが言語習得の近道だとしてもその機会を得ることは難しい。そこでVRを使って仮想現実世界へ入り、そこで言語を学ぶというサービスが登場した>

南カリフォルニアのオレンジカウンティーで生まれたベンチャー企業「イマース」が、今年2月ヴァーチャル・リアリティ(VR)による没入型語学レッスンプログラムをローンチした。

VR英語学習の動画はこちら

VRを利用することでリアルな生活に根ざした語学レッスンをするという。既に米国大手企業や、台湾の企業で導入が始まっており、語学力のアップだけでなく、「チームビルディングといったビジネス研修的な要素も期待できる」と反応は上々だ。

言語における「学習」と「習得」の大きな違い

フランス生まれの創業者であるクィン・テーバーは25歳という若さだが、幼い頃から人道支援の仕事を持つ両親とともに、世界中あちこちで生活をしてきた。「起業する2年前までに、47カ国に住んだことがある」と話すテーバーは、英語、フランス語、アラビア語に堪能な上、今では趣味でヘブライ語とスペイン語を学んでいるという。

そんなテーバーだが、成長過程で何度も語学学習の壁につき当たったという。「米国で、アラビア語のクラスを取って学んでいたが、一向に上達しなかった。しかしヨルダンに移り住んで、ベドウィン族の女性と一日6時間一緒に過ごしたり、ベイルートのシリア人難民キャンプで英語の話せない難民6人と生活した時、バーに行ったり、サッカーを一緒にすることでアラビア語がすっかり話せるようになった」と話す。

この経験が、テーバーに改めて語学学習について考えさせるきっかけになった。そしてテーバーはイマースを立ち上げ、言語学、特に第二言語を習得する際の人間の意識や反応についてのさまざまな研究に基づき、独自の「イマーシブ・メソッド」を確立した。

イマースは、言語における学習(Learning)と習得(Acquisition)は異なるものという考えに立つ。特に第二言語習得においては、一般的には文法や単語の暗記中心の学習方法が普及しているが、環境と経験が可能にする「没入型学習」で鮮明に記憶を焼きつけることによって、言語習得をよりスピードアップできると考えている。

「現地に住むこと」が一番語学習得の近道ということは、多くの人が知っているが、同じ環境をVRを使うことで可能にしたプロジェクトが、このイマースの独自メソッドなのだ。VRによって、たとえば海外の国に住んでいるような仮想現実を体験しながら現地の言葉を学ぶという方法だ。

1/2ページ

最終更新:4/26(金) 18:43
ニューズウィーク日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

CCCメディアハウス

2019-5・28号
5/21発売

460円(税込)

【特集】ニュースを読み解く 哲学超入門
トランプ現象、移民、監視社会、SNS…… AIも解答不能な難問にあの思想家ならこう答える

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい