ここから本文です

日本で買えない日本車がイイ! 上海ショーで見かけた日本でも売って欲しい3モデル

4/26(金) 20:44配信

GQ JAPAN

4月16日に開幕した上海モーターショーには、日本では販売されていない日本車も多数あった。現地で取材した吉田由美がレポートする。

【写真を見る】あの「レビン」が購入出来る!? 中国市場の日本車事情

マンモス市場の中国

中国市場では今、年間約2000万台の新車が販売されている。ちなみにアメリカ市場が約1700万台、日本市場が約500万台である。

マンモス市場の中国には、各メーカーがこぞって新車を投入する。日本車もおなじだ。しかも、日本では販売されていないモデルも多数ある。そこで今回は、日本で販売されていない日本車をピックアップした。

トヨタ カローラ/レビン セダン(新型)

まず、トヨタの「カローラ」シリーズのセダンである。日本ではまだ登場していない新型が展示されていた。

中国市場では、「カローラ」のほか姉妹車として「レビン」も販売される。カローラをラグジュアリーモデルと位置付け、レビンをスポーティモデルとして位置付けているという。

現在、中国市場でカローラは高い人気を誇っている。2018年の新車販売台数は5位にランクイン。販売台数も、2017年は1万9406台、2018年は2万7755台と、前年比143%を達成した。

新型は、すでに北米やヨーロッパでは販売されている。中国市場へは2019年半ばに投入されるという。なお、中国市場のカローラおよびレビンは、「トヨタコネクテッド」が全車標準である。

ちなみに、2019年内に日本市場に投入される予定というから、もうしばらくの辛抱。なお、日本仕様のカローラ セダン&ワゴンは、レビンベースであるという。

ホンダ UR-V

ホンダの「UR-V」は、中国市場にターゲットを絞ったSUVだ。

ボディは、全長4825mm×全幅1940mm×全高1670mmの堂々としたサイズ。ちなみに、中国市場におけるUR-Vは、ホンダのフラグシップSUVだ。

しかし、車両重量は意外に軽く1730kgに抑えられている。しかも搭載するエンジンは、1.5リッター直列4気筒ターボだ。

中国市場では、大きなボディ、堂々としたエクステリア・デザイン、燃費の良いクルマが好まれるが、排気量にはそこまでこだわらないという。日本市場では、おなじエンジンを搭載するステップワゴンなどが、1.5リッターという表記のため(排気量が小さい=性能が低いと思われている)苦戦しているのとは対照的だ。

1/2ページ

最終更新:4/26(金) 20:58
GQ JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

GQ JAPAN

コンデナスト・ジャパン

2019年10月号
2019年8月24日発売

800円(税込)

平手友梨奈が着こなす最新テーラード/”いま何を着るべきか”2019年秋冬ファッション特集/香取慎吾のアートが爆発「ヤンチェ_オンテンバール」

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事