ここから本文です

18年落ち中古フェラーリの燃費を計測! ガソリン代より困った問題とは?(連載:29歳、フェラーリを買う)

4/26(金) 21:14配信

GQ JAPAN

『GQ JAPAN』の編集者・イナガキ(29歳)が、ひょんなことから中古のフェラーリを購入した! 勢いで買ってしまったフェラーリのある生活とは? 今回は18年落ちフェラーリの実燃費を計測した!

【写真を見る】燃費以上に困るガソリンスタンドの“出入り口問題”とは?

購入後の平均燃費は4.73km/L

納車後、両手で数えられるほどしか乗っていない360モデナであるものの、すでにガソリンは数回給油している。長距離を走ったわけでもなく、峠を攻めたわけでもないのに、だ。

納車後、約2カ月間の走行距離を調べるとおよそ1300km。このあいだに給油したガソリン量(あたりまえだがハイオクである)は274.83リットル。つまり、平均燃費は4.73km/Lである。なお、360モデナに燃費計はない。

たまにしか乗らないものの「ずいぶん目盛りの減りが早いなぁ」と、気にはなっていた。が、乗る回数が少ないゆえに燃費については深く気にせず乗っていたのである。

電卓を見ながらあらためて、「やはり燃費は望めないな……」と、実感した。

燃費より困るガソリンスタンドの入り口

とはいえ、給油はやっかいだ。なぜなら、ガソリンスタンドの出入り口形状を気にしなくてはいけないからだ。道路との段差が急だったり、入り口が狭かったりするスタンドは、車高が低く、かつ幅広の360モデナでは、とくにアンダー部分を擦ってしまいそうで怖い。社外品のフロントリップスポイラーが装着されているのでなおさらだ。

したがって、安心して入れるガソリンスタンドが見つからず、路頭に迷うのも怖いので、ガソリン計が半分ぐらいの時点で給油するように心がけている。

曖昧なガソリン計

もっとも、液晶タイプのガソリン計が曖昧なため、はやめに給油しているのも事実。9本あるバーのうち、のこり3本しかない! と、焦ってスタンドを探し始めると、急に4~5本になったりしたのだ。

水温計しかり、ガソリン然り、なぜもこんなにわがままなのか……それでも許せてしまうのはフェラーリだからかもしれない。

まさかの8.0km/L越え!

とはいえ、ガソリンスタンドが見つからず、かつ曖昧なガソリン計によって“ガス欠”したら大変だ!

そこで、普段の燃費を知るべくシチュエーションごとに計測した(満タン法)。

大体の燃費さえ頭のなかにいれておけば、いざというとき、給油量と積算走行距離から残りの走行可能距離を計算出来るからだ。

まず、普段の買い物だ。頻繁なゴー&ストップにアップダウンの多い東急田園都市線沿いの一般道を、法定速度以下で10.6km走った。結果は3.1km/L! まさかの3km/L台であるが、スーパーカーのフェラーリなら致し方ないだろう。

次に、高速道路を100km/hで約51km走った。結果は8.1km/L! 意外だった。360モデナの燃料タンクは98リットルだから、うまくいけば700km以上は走行可能である。東京から大阪までが約500kmだから、無給油で走れる計算だ。本当か? 今度テストしてみようと思う。

1/2ページ

最終更新:4/27(土) 8:03
GQ JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

GQ JAPAN

コンデナスト・ジャパン

2019年7月&8月合併号
2019年5月25日発売

800円(税込)

バスケ界期待の新星・八村塁/特集「TOKYO 2020 WINNERS」2020年に躍動する勝者を見逃すな!/ 別冊付録「スポーティな時計たち」

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事