ここから本文です

「5月から皇太子がいなくなる」という事実が意味すること

4/26(金) 11:00配信

現代ビジネス

 昭和でも平成でも、天皇と皇太子が両輪となって公務に当たる姿は、我々にとって当たり前の光景だった。だが、次の時代は違う。しばらく続く皇太子の「不在」から、様々な問題が浮き彫りになりそうだ。

有資格者は悠仁さまだけ

 4月30日に天皇が退位し、翌5月1日に皇太子が新天皇に即位する「代替わり」まで、いよいよ1ヵ月あまり。

 その日は、新たな天皇が誕生すると同時に、この国から「皇太子」という存在が消える日でもある。

 「新たに皇位継承順位第1位となる秋篠宮が新皇太子になるのでは」と、思うかもしれないが、それはあり得ない話だ。なぜなら、皇室に関する各種事項を規定した『皇室典範』には、「皇太子」という立場が以下のように定義されているからだ。

 〈皇嗣たる皇子を皇太子という。皇太子のないときは、皇嗣たる皇孫を皇太孫という〉

 ここで言う皇子とは、天皇の「息子」を意味する。つまり、皇位継承順位とは関係なく、新天皇の弟である秋篠宮は、皇太子となることはないのだ。

 そして、新天皇の子は長女である愛子さまだけであり、皇子はいない。仮に愛子さまが一般人と結婚し、新天皇に孫が生まれたとしても、それは「女系男子」となるため、〈皇位は、皇統に属する男系の男子が、これを継承する〉と定めている皇室典範の下では、皇太子を名乗ることはない。

 いまのところ、皇太子になる可能性が残されているのは、秋篠宮が天皇に即位した場合の悠仁さまのみだ。

 では、秋篠宮はこれから何という名称で呼ばれるのか。それは、単純に皇位継承順位第1位の皇族を指す「皇嗣」だ。

 そもそも、皇室典範には、「天皇の弟をどう称するか」についての規定は存在しない。そのため、'17年6月に公布された『天皇の退位等に関する皇室典範特例法』において、苦肉の策として、用意されたのが、この皇嗣という呼称だった。(全国紙皇室担当記者)

 皇太子に愛子さま以外の子がなかなか生まれないなか、こうした状況が訪れることは時間の問題だった。

 だが、秋篠宮の立場についての具体的な検討が行われぬまま時が過ぎ、事ここに及んで慌てるようにして新たな呼称を探したというのが現実だ。

 とはいえ、「皇太子という立場の不在そのものは、特に大きな問題ではない」と語るのは、皇室に詳しい評論家の八幡和郎氏だ。

 「皇太子と皇嗣を区別するのは、あくまで日本における呼び名の話であり、英語の敬称は皇太子と同じ『クラウン・プリンス』とするようですし、フランス語だと両方とも『プランス・エリティエ』と称するので、海外で公務にあたる上では、何ら違和感は生じません。

 そもそも、日本の歴史上、皇太子がいない時代というのは、決して珍しいことではない。たとえば、昭和の場合、現在の天皇陛下が生まれるまでの7年間は皇太子不在の時期が続きましたが、それで何か不都合が起きたということはなかった」

 実際、特例法では、秋篠宮を皇太子と実質的に同格で扱うことが定められている。

 たとえば、儀式にあたっては従来、皇太子のみが身にまとうことを許されてきた袍を着用することや、皇太子の証しである「壺切御剣」を授与されることも決まっている。

 同時に、皇嗣となる秋篠宮の皇族費や警護の待遇も大幅に上がる。

 皇室ジャーナリストの久能靖氏が言う。

 「これまで、皇太子殿下と秋篠宮殿下の待遇には大きな差がありました。たとえば、'18年度、天皇・皇后両陛下と皇太子ご一家のための費用である『内廷費』は3億2400万円が計上されていたのに対し、秋篠宮ご一家に支給される金額は6100万円に過ぎませんでした。

 しかし、今後、秋篠宮殿下が皇太子殿下に準ずる役割を担われるにあたって、これまで以上にご公務が増え、職員を増員する必要もあるため、秋篠宮殿下ご本人に対する予算は、3倍になることが決まっています。それでもまだ内廷費とは開きがあるとはいえ、大きな変化でしょう」

1/3ページ

最終更新:4/26(金) 16:30
現代ビジネス

記事提供社からのご案内(外部サイト)

「現代ビジネスプレミアム」

講談社『現代ビジネス』

月額1000円(税抜)

現代ビジネスプレミアムは「現代ビジネス」の有料会員サービスです。2万本以上の有料記事が読み放題!会員だけの特別記事も配信。豪華ゲストによるセミナーも開催中。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事