ここから本文です

カップ戦敗退のミラン、8シーズン連続無冠で監督交代へ 「アップデート」候補者は?

4/26(金) 8:30配信

Football ZONE web

コッパ・イタリア準決勝でラツィオに敗戦 ポチェッティーノ監督らが候補に挙がるも…

 ACミランは現地時間24日のコッパ・イタリア準決勝でラツィオに0-1で敗戦。これで8シーズン連続の無冠が決定した。イタリアのサッカー専門サイト「カルチョメルカート・コム」は、ミランが来季に向けて新監督を探す方針で固まると報じている。

【動画】8シーズン連続無冠が決定…コッパ・イタリア準決勝「ミラン×ラツィオ」(0-1)ハイライト

 初戦をラツィオのホームでスコアレスドローに持ち込んでいたミランだったが、ホームで迎えた第2戦は後半にアルゼンチン代表MFホアキン・コレアにゴールを奪われて0-1で敗戦。2戦合計スコア0-1でベスト4敗退が決まった。

 ミランを率いるジェンナーロ・ガットゥーゾ監督は、リーグ戦で来季のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場権を得る可能性を残しているが、クラブは今季限りで指揮官交代に踏み切る見通しだという。そして、その方針が変更されるのは、残りのリーグ戦で5連勝した場合のみとされている。

 ミラン幹部では、昨年12月に最高経営責任者(CEO)に就任したイバン・ガジディス氏、スポーツディレクター(SD)を務めるOBで元ブラジル代表レオナルド氏、強化部入りしたOBで元イタリア代表パオロ・マルディーニ氏の3人がラツィオ戦をスタンド観戦したという。そして、この3者にはそれぞれ来季の監督人事に希望があると伝えられている。

 そのなかで、ガジディス氏は現在トットナムを率いるマウリシオ・ポチェッティーノ監督の招聘を希望しているが、記事では「ほぼ不可能」と分析。一方で、レオナルド氏は現在フリーで元イタリア代表監督のアントニオ・コンテ氏、マルディーニ氏は現在チェルシーを率いるものの解任が濃厚とされるマウリツィオ・サッリ監督を望んでいるという。

「その3人の名前はすべて難しいと言わざるを得ないが、このアップデートはクラブによって待望されているものだ」

 王者ユベントスがアタランタに敗退し、ミランにとって大きなチャンスとなっていたコッパ・イタリアを逃した代償は、ガットゥーゾ監督にとって大きなものになってしまった。

Football ZONE web編集部

最終更新:4/26(金) 8:30
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事