ここから本文です

まさかの“プレミア年間ベスト11”選外! 議論噴出…「選出に相応しい5人」を海外特集

4/26(金) 21:50配信

Football ZONE web

PFAが年間ベスト11を発表 リバプールのGKアリソンとFWサラーは選ばれず

 PFA(Professional Footballers’ Association)は25日、イングランドでプレーする選手を対象にプレミアリーグの年間ベストイレブンを発表した。史上初めて選出されたチームが3つだけという珍しい選考となった今回の発表を受け、衛星放送「FOXスポーツ」は選外となった選手の中から「選出されるに相応しい5人の選手」を紹介。リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーやチェルシーのベルギー代表FWエデン・アザールが取り上げられている。

 優勝争いをしているリバプールとマンチェスター・シティから多くの選手が選ばれた今回の年間ベストイレブン。この2チーム以外には、マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバのみと意外な選考となっている。

 ベストイレブンに入ってもおかしくないなかで選外となった選手にはリバプールの選手もいる。例えば、ブラジル代表GKアリソンもその1人だ。昨夏にローマから移籍してきたアリソンは、1年目ながら素晴らしいパフォーマンスを披露。ベストイレブンに選ばれたシティのブラジル代表GKエデルソンより無失点試合数は1試合多いが選外となってしまった。

 また昨年の得点王でもあるサラーも選外。現時点で得点ランキング最多タイの19ゴールを奪い、アシストを含めて26得点に絡んでいるが、彼以上の結果を残している選手は3人しかいないにもかかわらず、ベストイレブン入りを果たせなかった。昨季の印象と比べると確かにインパクトに欠けるかもしれないが、選外は意外な結果と言っていいだろう。

ブレイクのDF、トットナムの攻撃をけん引するMF、最も得点に絡んだMFが選外

 その他には、今シーズン最もブレイクした右サイドバックと評判のイングランド人DFアーロン・ワン=ビサカ、トットナムの攻撃の核と言えるデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンが紹介されている。

 そして、最も選外となったことに議論の余地があるのがアザールだ。ここまで16ゴール、13アシストを記録しているが、彼以上に得点に絡んだ選手はゼロ。アシストに関してもリーグトップの数字を叩き出している。今季の活躍を考えればPFAの年間最優秀選手賞を受賞してもおかしくないが、今回選外となったことでタイトル獲得は難しそうだ。

 数々の疑問が残る結果となったPFA年間ベストイレブン。今後、発表されるPFA年間最優秀選手賞は誰が選ばれることになるのだろうか。

Football ZONE web編集部

最終更新:4/26(金) 21:50
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事