ここから本文です

8兆円が動く水面下の激戦 インフラ巨大市場の全貌

4/26(金) 12:00配信 有料

週刊ダイヤモンド

Photo by Hiroyuki Oya

世界の携帯通信市場の設備投資は8兆円を超える。その巨大市場で、5Gの通信インフラをめぐる覇権争いが始まった。台頭するファーウェイと、盟主の北欧2社が火花を散らす全貌を公開する。 既視感──。5Gをめぐる中国ファーウェイと米国政府の対立は、10年に1度は起こり得る国際紛争といえる。

 1980年代の第1世代(1G)からほぼ10年ごとに刷新される通信インフラの巨大市場で勢力争いを繰り返してきた通信機器メーカー(基地局ベンダー)は、5Gの本格普及を前に、威信を懸けて再び激戦を繰り広げている。 本文:3,030文字 写真:6枚 ...

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

--週刊ダイヤモンド編集部--

最終更新:4/26(金) 12:00
週刊ダイヤモンド