ここから本文です

平成のドラマを変えた3本といえば……ヒントは朝ドラ、クドカン、仲間由紀恵

4/26(金) 12:00配信

デイリー新潮

 平成の世をTVドラマで振り返れ。ベスト10も作るのだ──。

 そういう指令をデイリー新潮編集部からもらったのは2018年の暮れのこと。年末のドタバタの中、気軽に二つ返事で引き受けたのはいいとして、年が明けてから頭を抱えました。まずは平成の30年間に放送されたドラマの総数をチェックしてみたところ、単発から大河まで、朝ドラから深夜枠まで、子供向け特撮から年寄り向け時代劇まで含めると、推計でも7000本以上あったもんでね。

 ***

 この数字、連ドラの1話を1本と数えるんじゃなく、たとえば全11話の連ドラを1本と数えるやり方でカウントしたもの(ただし、17シーズンある「相棒」は17本とカウント)。これ全部を対象にはできないわ、とあっさりあきらめ、「大人向け」「連ドラ」という2つの条件で絞り込んでも、まだ2000本はある。

 じゃあ視聴率のトップ10を調べ、それぞれについて語るかね、と方向転換しようとしたら、朝ドラを除いたトップ10の顔ぶれは、こんな具合……。

【1】「半沢直樹」[2013年/TBS系]42.2%
【2】「ビューティフルライフ」[2000年/TBS系]41.3%
【3】「家政婦のミタ」[2011年/日テレ系]40.0%
【4】「ひとつ屋根の下」[1993年/フジ系 ]37.8%
【5】「GOOD LUCK!!」[2003年/TBS系]37.6%
【6】「家なき子」[1994年/日テレ系]37.2%
【7】「HERO」[2001年/フジ系]36.8%
【8】「101回目のプロポーズ」[1991年/フジ系]36.7%
【8】「ロングバケーション」[1996年/フジ系]36.7%
【10】「GTO」[1998年/フジ系]35.7%

※各作品のうち視聴率(ビデオリサーチ調べ:関東地区)が最も高かった回のランキング。以下同様。

 ……いや正直、語りたいことのない作品、語る必要のない作品ばっかり揃っちゃってて、ダメだこりゃ。

 それから3カ月、あれやこれやの試行錯誤を重ねた結果、元号またぎの大連休を前にしてようやく、ワタシなりの平成ベスト連ドラが固まりました。「平成の世を生んだ3本」「平成の世が生んだ3本」などなど、部門を区切って選んだ濃い平成ドラマの数々をご紹介……。

1/3ページ

最終更新:4/26(金) 12:07
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売

「デイリー新潮」は総合週刊誌「週刊新潮」が発信する最新の話題に加え、専任取材班による綿密な取材に裏打ちされた記事を配信するニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事