ここから本文です

ロッテ、オリックス、日本ハム……。プロ野球×吹奏楽コラボが大人気!

4/26(金) 15:01配信

Number Web

 昨年6月に大きな話題となった千葉ロッテマリーンズと習志野高校吹奏楽部のコラボ応援。平日ナイターで、通常の約3倍にあたる2万9559人の来場者が駆けつけ、大入り満員となった大ヒット企画が今年も開催される。

【写真】大阪桐蔭時代の中田翔。笑顔が不敵すぎ。

 6月14日(金)の中日ドラゴンズ戦「ALL for CHIBAデー」イベントで、再び習志野サウンドがZOZOマリンスタジアムに炸裂するのだ。

 「昨年、通算2000本安打を達成した福浦和也内野手の母校ということで、習志野高校さんに依頼しました。選手たちも『迫力がすごい』と喜んでおり、お客さんからも大変好評でした」(千葉ロッテマリーンズ広報 梶原紀章氏)

 全国トップクラスの実力を誇る同部は、2016年に侍ジャパン高校代表vs.大学代表の壮行試合で六大学との応援対決も経験しており、吹奏楽部顧問海老澤博氏は「このような機会が自分たちの応援にも生きている」と話す。

 「六大学やプロ野球の応援は、高校野球応援とまったく異なり、会場の盛り上げ方などで、さまざまな学びがありました。周りからの反響もすごくて、私達吹奏楽部を知らない方にとっても、インパクトのあるイベントだったのではないかと思います」(海老澤氏)

 過去に開幕セレモニーで演奏したことはあったが、応援団と一緒に応援したのは昨年が初めて。同校の代表曲『レッツゴー習志野』を福浦和也内野手の打席で演奏し、大いに盛り上がった。

オリックスには、あの大阪桐蔭吹奏楽部が!!

 地元の吹奏楽部とコラボイベントを開催する球団は他にもあり、オリックス・バファローズは6月2日(日)の北海道日本ハムファイターズ戦で、夏の甲子園に先駆けて「大阪代表 バファローズ高校(初出場)」という特別イベントを開催。

 史上初、2度の甲子園春夏連覇を果たした大阪桐蔭高校吹奏楽部が、「バファローズ高校」を応援する。

吹奏楽部の女子生徒も野球ファンに。

 これまでに何度も開幕セレモニーで演奏してきた同校のほか、過去に明浄学院、武庫川女子大学付属中学校・高校も出演したことがあり、高校生にとっても、プロ野球を身近に感じる機会になっているようだ。

 「以前、出演してくれた吹奏楽部の女子生徒さんが野球に興味を持ってくれて、後日他の試合を観戦しに来てくれたことを知った時はとてもうれしかったです。高校生の高いパフォーマンスを見てお客さんも心を打たれるのでしょう。毎回大変大きな拍手をいただきます」(オリックス・バファローズイベント運営グループ担当者)

1/3ページ

最終更新:4/26(金) 16:01
Number Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事