ここから本文です

宇多田ヒカル 母娘三代「ミディアム」の血脈/五木寛之【全文公開】――文藝春秋特選記事

4/26(金) 6:00配信 有料

文春オンライン

宇多田ヒカル

 平成10(1998)年、当時15歳だった宇多田ヒカル(36)は「Automatic」で歌手デビュー。その3カ月後に発売されたファーストアルバム「First Love」は初動売上が200万枚を超え、現在までの累計は860万枚に達し、国内のアルバムセールス歴代一位にいまだ君臨している。作家の五木寛之氏が“平成の歌姫”を生んだ三代の系譜を辿る。 本文:2,694文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

五木 寛之/文藝春秋 2019年4月号

最終更新:4/26(金) 6:00
記事提供期間:2019/4/26(金)~12/22(日)
文春オンライン