ここから本文です

鹿がぎっしりのお菓子!?かわいすぎる奈良土産「しかじか」が誕生

4/27(土) 12:15配信

じゃらんニュース

株式会社中川政七商店より、鹿をモチーフにした奈良素材の土産菓子ブランド「しかじか」がデビュー!
第1弾として、2019年4月20日(土)から奈良公園に集う鹿をイメージした「しかじか米こがし」4種が奈良県内の直営店で限定発売されます。
新しい奈良土産になりそうな、鹿の形をしたかわいいお菓子なのでぜひチェックしてみてください♪

第1弾は「しかじか 米こがし」

奈良といえば鹿。奈良公園周辺に約1,200頭生息する奈良観光の象徴ですね。
今から約1,300年前、春日大社創建の際、春日大明神が白い鹿に乗ってやってきたことから、奈良の鹿は“神様の使い”として大切にされてきました。現在では世界中の観光客から愛される鹿をモチーフに、つくられたのがこのお菓子なんです。
封をあけると、ぎっしりつまった鹿さんが登場~!
ひしめき合う鹿たちをそのままお菓子で再現したそうですが、まるで”持ち帰れる奈良公園”ですね。
古代人が食べていた栄養豊富な米として知られる奈良県産の赤米を練りこんだ生地を丁寧にローストしているので、ポリポリとした食感と香ばしさが特徴となっています。

味は全部で4種類!

こちらは定番3種 鹿たちがかわいいパッケージに入った、定番3種と夏季限定の「塩レモン」があります♪
<だし醤油>
関西らしい旨味が広がるだし醤油は、一度食べたらやみつきになる「しかじか 米こがし」シリーズの代名詞!
<大和茶>
奈良の自然豊かな茶畑で育てられた煎茶が丁寧にまぶされています。ほんのり甘い大和茶は、お茶請けにぴったりです。
<古代チーズ>
千年前の和製チーズといわれる“蘇”をイメージした古代チーズ味。クリーミーで上品な甘さは、おつまみにも合いそうです!
<塩レモン>
暑い奈良の夏を乗り切れるような、さっぱりとした塩レモン味。パッケージには気持ちよさそうに水浴びする鹿たちが描かれています。
夏らしい、爽やかなパッケージですね!
写真は定番3種のパッケージ 中のパッケージにも、もちろん鹿が!
1箱に同じ味が4袋ずつ入っています。
価格はいずれも648円、中川政七商店 近鉄百貨店奈良店、日本市 奈良三条店、遊 中川 本店での販売となります。

「しかじか」で、こんな楽しみ方も!?

鹿の形がかわいいので、こんな楽しみ方も。一緒に食べる人たちとも盛り上がりそうですね。

まとめ

フレーバーもたくさんで色々な味を試したくなっちゃいます♪
鹿の形もパッケージもかわいい「しかじか」は自分用にも、お土産用にもぴったりですね。奈良におでかけの際は、ぜひ足を運んでみてください!
株式会社中川政七商店
情報提供元/株式会社中川政七商店
※この記事は2019年4月時点での情報です

最終更新:4/27(土) 12:15
じゃらんニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事