ここから本文です

MCUの魅力を総括!そして集大成『アベンジャーズ/エンドゲーム』が伝えたかったこととは――

4/27(土) 15:10配信

otocoto

MCUの魅力は様々なヒーローたちがいること。ハイテク装備の武器で戦うアイアンマンもいれば、弓ひとつで相手を倒すホークアイもいる。全身武器に改造された銀河の女性暗殺者ネビュラもいれば、元ロシアの女スパイ、ブラック・ウィドウもいる。1940年代の陸軍兵士がヒーローとなったキャプテン・アメリカもいれば、1980年代の女性空軍パイロットだったキャプテン・マーベルがいる。はるかかなたの宇宙の神々の国で活躍するマイティ・ソーもいれば、日常の先にあるミクロの世界で冒険するアントマンがいる。お互いスーパー頭脳の持ち主でありながらアライグマのような外見のロケットと緑色の巨人ハルクに変身してしまうブルース。能力や考え方、価値観もすべて異なる彼らが力を合わせる。彼らの活躍する世界は、宇宙、地球、異次元、ミクロ世界、魔界、大都市、リビングルームと幅広い。誰が主役・脇役ということはない、誰一人欠けてはならないのだ。そしてすべての舞台が繋がりリンクしていて様々な可能性を秘めた大ユニバースであるとうたっている。

これがMCUの素晴らしさ。「この世界は君たちが考えているより広いんだ。どんな人間でも活躍できるぐらい可能性に満ちていて、広いんだ。だからこそ、相手を認めよう。リスペクトしよう。だからこそ一方的な価値観だけで相手を支配しようなんて思っちゃいけないんだ」――。MCUのベースとなっているマーベル・コミックの世界を作り上げた、故スタン・リー氏はコミックを通じてこういうことを伝えたかったそうだ。その哲学がMCUには息づいている。様々なヒーローたちがいるのは、今でいうダイバーシティ(多様性)の比喩。MCUを好きになると、必ず自分の推しヒーローが見つかるのは、そのヒーローにどこか共感してしまう、自分とこいつは似ているな、と思えるからだろう。

そう、MCUとは、ヒーロー物のフォーマットを借りた“人はどう生きるか”を描いた人間ドラマなのだ。今年、『ブラックパンサー』がアカデミー作品賞にノミネートされたことも象徴的である。ブラックパンサー自体、コミックでも初の黒人が主役をはったヒーローということで画期的だったが、アフリカの弱小国と思われたワカンダが、実は世界を変えるほどの文明と力を持っていた、という捻ったプロットで、MCUが今までの作品の中に盛り込んできた、“人はどう生きるか”“人と世界はどう関わっていくべきか”というテーマをさらに特化させた作品であり、MCUがアクション・エンタテインメントでありながらも、優れたディスカッション・ドラマ(問題提起型のドラマ)にもなり得ることを証明してみせた。

2/4ページ

最終更新:4/27(土) 15:10
otocoto

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事