ここから本文です

中国サッカー爆買いの行く末、ロシアW杯後のあとさき

4/27(土) 6:01配信 有料

フットボールチャンネル

爆買い補強合戦は沈静化

天津権健では爆買い補強で獲得した選手の欧州帰還で大幅な戦力ダウンが生じた。写真のアントニー・モデスト(フランス)とは移籍トラブルが泥沼化するなど中国クラブの未熟さが顕わに。【写真:Getty Images】

 中国サッカー協会の抑制策により、中国サッカーの爆買い補強合戦はついに終焉。移籍金額に課せられる贅沢税の支出を抑えようとする動きが主流になりつつある。近年、隆盛を極めた中国スーパーリーグに今、何が起きているのか。(文:池田宣雄 2018年10月発売『アジアフットボール批評07』を転載) 本文:3,015文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込110

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購入履歴で確認できます。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:4/27(土) 6:01
フットボールチャンネル

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る