ここから本文です

博多大吉&赤江アナ報道で浮上「職場女性との距離感、どこから不倫?」

4/27(土) 9:00配信

週刊SPA!

 ラジオ番組でコンビを組む博多大吉と赤江珠緒アナのプライベート2ショットが流出し、「これはもう不倫じゃないのか!?」と物議を醸している。

 ただ、写真はダイレクトに不倫を裏付けるものではなく「芝生で一緒に寝転ぶ」、「手の触れ合いそうな距離で並んで歩く」といったソフトなもの。しかし、今の世の中的には、その親密な空気感がすでに“アウト”ということらしい。

 仕事上の関係とはいえ、多くの時間や苦労を分かち合えば、親密さが増すのは珍しいことではない。では、一体どこからアウトなのか? 現実的なラインを探るべく、次のような調査を行った。

女性に聞いた「夫・彼氏と職場の女性、どこから浮気?」

※夫・彼氏のいる25歳~49歳の女性100人が回答。浮気だと思うものをすべて選択。

 今回の調査では、あくまで男女関係の手前にあるギリギリの距離感を探るため、「こんなものでもアウトなの!?」という日常的なシチュエーションを含めて、段階的に設問を設けていった。

 その結果、浮気認定が3割に満たなかった「セーフ」な距離をまずは発表しよう。

========

■SNSをフォローして、コメントつけ合う 7人(浮気認定の割合、以下同)

■社内メールや電話ではなく、Lineメインでやり取りする 10人

■女性の自宅の場所を知っている 14人

■会話の中で職場の女性の話題を出す 16人

■帰宅中、二人でタクシーに乗って女性を自宅まで送る 20人

■「いつも頼りにしてるよ」等、親密なメールを交わす 22人

■アドレス帳の登録が下の名前 24人

■(社食などではなく社外で)2人でランチする 24人

■部署が違うのに、頻繁に相談に乗っている 25人 

■休日に打ち合せなどで2人で会う 29人

========

 さすがにこのくらいは許してくれる女性が多かった……。男性としては仕事の延長線上的な部分もあり、ひと安心といったところだろう。だが、逆にいえば以下のコメントのように、この程度でも「浮気かっ!」と激怒する女性も存在することは留意しておきたい。

「頻繁に相談に乗るのは精神的に近い感じがして、肉体的な距離が近いよりも本気度が高くなりそう」(27歳)

「社外で2人でランチするとか、もう社内で噂されても構わないくらい開き直ってるのでは?」(32歳)

「家でも女性の話が出るということは、意識が彼女に向いてるということ」(35歳)

「全部、許せない! そんなに他の女と仲良くなりたいなら、彼女なんて作るな!」(26歳)

1/2ページ

最終更新:4/27(土) 9:00
週刊SPA!

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊SPA!

扶桑社

週刊SPA!7/9号

¥420

・プロが使ったもの一覧
・稼げる[ゆる副業](秘)リスト
・[おじさん差別]の実態
・カスハラ現場の悲鳴

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事