ここから本文です

山口達也にもう一度チャンスを、支援者に広まる復帰待望論

4/28(日) 7:00配信

NEWS ポストセブン

「山口さんと懇意にしている一部のテレビ局スタッフは、事件から1年経った今、復帰の道を探せないかと話しています。ファンからも山口さんの復帰を期待する声が多数届いています。新しい時代の到来に合わせて、彼に“もう一度チャンスを”という考えが、彼の支援者の中で広がりつつあります」(芸能関係者)

 1年前の4月26日。ホテルニューオータニ東京に、大勢のマスコミが集まった。

 その中心にいたのは山口達也(47才)。山口は泥酔した状態で、番組で共演した女子高生を自宅に招き、酒を飲ませた上でわいせつな行為をした容疑で書類送検され(その後、起訴猶予処分)、謝罪会見を開いた。

 体を震わせ、目に涙をため、頭を下げる。「TOKIOに席があるなら戻りたい」と苦しい胸中を明かしたが、TOKIOを脱退し、芸能界から去った。

「会見後、山口さんは東京近郊にある心療内科専門病院に入院。6年以上前から苦しんでいた躁うつ病の治療を始めました。その後、実家近くにあるメンタルクリニックに力を入れる病院に転院し、豊かな自然環境のなかで専門治療を受けていました」(前出・芸能関係者)

 昨夏、山口は事件現場となったマンションを解約。2016年に離婚した元妻と子供たちと過ごした、都内高級住宅街にある豪邸も売却した。その元妻と子供はハワイで生活しているといい、山口がそこに合流するという説もあった。

「そんなことはなく、実際は両親やお兄さんがサポートしているそうです。当初、山口さんは精神的に落ち着かず、体重の増減もありましたが、年明けからはだいぶ落ち着いています。現在は、都内でお兄さんと一緒に暮らしているそうです。

 外食をすることもあり、先日は弟さんと一緒に北京ダックを食べたと聞きました。周囲からは福島にボランティアに行くことをすすめられたり、気分転換にTOKIOでやっていたベースを弾いてみてはどうかと提案され、本人も少しずつ行動範囲を広げているようです」(山口の知人)

1/2ページ

最終更新:4/28(日) 7:58
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事