ここから本文です

結婚できない男女に大切なのは「こだわり」よりも「見過ごし」という現実

4/28(日) 21:00配信

週刊女性PRIME

 “こだわり”の強い人が、あなたの周りにはいませんか? “こだわり”の強い恋人とお付き合いしたことはありませんか? 
 婚活ライターをしながら、仲人としてもお見合いの現場に携わる筆者が、目の当たりにした婚活事情を、さまざまなテーマ別に考えていく連載。今回は「結婚に大切なのは、“こだわり”よりも“見過ごし”」です。

高収入で見た目も素敵な男性が結婚できない理由

 美香子さん(36歳、仮名)が先日、お見合いしお付き合いに入った義男さん(42歳、仮名)は、一部上場企業に勤め、年収も1千万円を超える好条件の男性でした。ジム通いを趣味としているのでお腹も出ておらず、ブランドスーツをパリッと着こなす見た目も素敵な紳士。

 お見合いを終えたときの美香子さんの声は、弾んでいました。

「こんな方が、まだ独身で残っていたことが不思議ですよ。お見合い場所のティーラウンジに入るときも私をスッと先に入れてくださったし、オーダーやお支払いの仕方もスマートでした」

 お見合いを終えた美香子さんは、もちろん交際希望。そして義男さんからも交際希望がきて2人はお付き合いするようになり、数回の食事をした後、結婚を前提にした“真剣交際”に入りました。

 ところが、真剣交際に入って1か月がたったころ、美香子さんから、「ご相談したいことがあります」と連絡がありました。真剣交際に入った直後は、「1日も早く義男さんと結婚できるといいなぁ」と言っていたのに、面談にやってきた美香子さんは、浮かない顔をしていました。

 そして、開口一番に、こんなことを言ったのです。

「もうとにかく何に対してもこだわりがあるんですよ。食材はどこで買う。お米はどこのブランド。クリーニング店はここ。最初は、“あ、そうんですね”と同調していたんですが‥‥」

 初めて彼の家を訪れたときのことでした。

「彼の行きつけのお店でビールとできあいいのつまみを買ったんです。そのときも、あまりにも自分の食材へのこだわりを滔々(とうとう)と話すので、私が『でも、ウチの近所の◯◯スーパーの食材は、安くて新鮮よ』と言ったんです。

 そうしたら『そのスーパーは何々系列で、実は食品の管理がずさんで……』とか、そのスーパーを全否定するんですよ。すべてにおいてこの調子なので、なんだか疲れちゃって」

 さらに、自分の失敗には甘いのですが、他人の失敗は厳しく批判をするというのです。

「踏切事故で電車が止まってしまい、待ち合わせに40分以上も遅刻したことがあったんですね。そのことはLINEで知らせたのに、待ち合わせの場所に着いたら、あきらかに不機嫌でした。

 40分とまではいかないけれど、自分だって電車の遅延で、デートに5分6分遅れてきたことがあるんですよ。そのときは前もってのLINEもなく、来てから遅刻の理由を言っていました」

1/3ページ

最終更新:4/28(日) 21:00
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」8/13号

特別定価420円(税込)

「週刊女性PRIME」では「週刊女性」本誌の一部記事のほか「週刊女性PRIME」独自の記事を読むことができます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事