ここから本文です

努力の積み重ねが…!カーダシアン姉妹、美ボディの秘訣

4/29(月) 23:00配信

コスモポリタン

セレブ記事ウォッチャーであれば、カーダシアン姉妹のニュースを目にしない日はないのでは? コートニー、キム、クロエ・カーダシアンの3人と、異父妹のケンダルとカイリー・ジェンナーの2人、合わせて5人で構成される「カーダシアン姉妹」。豪華なファッションやライフスタイルは話題だけど、なんといっても注目されているのは彼女たちのボディ。

【写真】カーダシアン姉妹が語った「体型にまつわる悩み」12

脂肪分も適度に摂取

コートニーのオフィシャルサイトによると、彼女はギー(インドのバターオイル)を朝食に取り入れているそう。つまり、適量であればバターなどの脂肪分も禁止する必要はナシ。

エクササイズを習慣にする

「お尻のリフティングに夢中なの。シャワーを浴びる前に、必ず100回スクワットするって決めているわ」と<Hello!>に語ったコートニー。

「小さな努力だけど、毎日シャワーを浴びる前の習慣にしてる。それから、テレビを見ながらの腹筋運動もそう。1度に2つのことができるのだから、一石二鳥よね?」

週6日でワークアウト

<E!>の取材を受けたキムのパーソナルトレーナーであるメリッサ・アルカンタラさんによると、キムは週6日、60~90分程度ワークアウトを行っているんだとか。

目標を設定する

「キムとエクササイズするときは、必ず目標を設定するんです。達成感を味わうのは良いいものですからね」と、パーソナルトレーナーのメリッサさんはコメント。「目標を設定したら、それを書き留めておきましょう。運動を持続する励みになり、また成し遂げたときの気分も格別です」

複数のワークアウトを行う

「(インドアサイクリングの)ソウルサイクル、ホットヨガ、サーキットトレーニング、そして障害物トレーニングなどをやっているわ」と<USA Today>に話したクロエ。彼女は1つのトレーニングに集中するのではなく、いくつもワークアウトを平行して行っているよう。

理学療法とリハビリテーションを専門とするマーク・ピーターソン博士も「ワークアウトの種類が少ないと、運動そのものが単調になりがちです」と指摘。さまざまな種類のワークアウトを取り入れて気分を変えることで、飽きずに運動を続けられるはず。

1/2ページ

最終更新:4/29(月) 23:00
コスモポリタン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

コスモポリタン

ハースト婦人画報社

1886年にアメリカで創刊され、
世界中の女性に愛されるコスモポリタン。
日本ではオンラインに特化し、
恋愛、ビューティ、セレブ情報など発信中。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事