ここから本文です

米ボーイスカウトで子どもに性的虐待、通称「性倒錯ファイル」には加害者の記録も

4/29(月) 14:15配信

Rolling Stone Japan

ボーイスカウトアメリカ連盟はもうずいぶん前から児童の性的虐待疑惑に悩まされているが、被害の全容についてはほとんど知られていなかった。

だがアメリカ時間23日、被害者の権利を訴えるジェフ・アンダーソン弁護士が記者会見を開き、「不適格なボランティア」の氏名の公表を求めた。これはボーイスカウトの隊員を性的に虐待した、あるいは虐待の疑いがある指導者の氏名を記載したデータベースで、アンダーソン弁護士によれば1万2000人以上の被害者と、7000人以上の加害者が掲載されているという。虐待被害のなかには1940年代にまでさかのぼるものもあるという。

データベースの存在は以前から知られていたものの、被害者や容疑者の人数は明らかにされていなかった。今回ファイルが浮上したのは、児童性的虐待の研究者であるジャネット・ウォーレン博士の証言がきっかけ。ウォーレン博士は、ボーイスカウトアメリカ連盟に雇われて1944年から2016年の性的虐待疑惑の対応評価をおこなった人物で、今年1月、ミネソタ州の児童館で起きた性的虐待事件の裁判で証言台に立った。

「この数字は今日まで誰も知りませんでした。ボーイスカウトアメリカ連盟から公表されたこともありません」と、記者会見でアンダーソン弁護士は述べた。

ファイルに掲載されている氏名の公表を迫る声は、ボーイスカウトアメリカ連盟の元被害者に代わって3つの法律事務所が起こした集団訴訟により高まった。USA Today紙によると、ボーイスカウトアメリカ連盟が破産申告手続きを進めていると報道されたのを受け、法律事務所は昨年末からオンライン広告やテレビCMを出し、被害者に名乗り出るよう呼びかけた。以来、200名以上の男性が在団中に性的虐待を受けたと名乗り出た。そのうちの1人ケンダル・キンバー氏は、1970年代に所属していた隊の隊長から性的虐待を受け、性行為を強要されたと証言した。家族に打ち明けたところ、キンバー氏の他の兄弟も同じ男性から被害を受けていたと告白した。兄弟のうち1人はのちに自殺した。キンバー氏いわく、秘密を重んじる組織の文化ゆえ告白することができず、名乗り出れば「除名されるのではないか」と恐れ、打ち明けられなかったという。

1/2ページ

最終更新:4/29(月) 14:15
Rolling Stone Japan

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Rolling Stone Japan vol.06

CCCミュージックラボ

vol.06
2019年3月25日発売

1000円(税抜)

特集:HYDE
ヒプノシスマイク
モーニング娘。’19 ライブの舞台裏
特集「今のポップシーン」の主役たち

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事