ここから本文です

ヘイトクライム規制のきっかけとなった殺人事件の犯人、テキサス州で死刑執行

4/29(月) 15:10配信

Rolling Stone Japan

1998年、白人至上主義者のジョン・ウィリアムズ・キングが、黒人男性のジェームズ・バード・ジュニアを殺害。アメリカ時間24日、米テキサス州でキングは致死量の薬物を注射され、死刑が執行された。最後に言い残すことはないかと聞かれた死刑囚は、「ノー」と言って注射を受けたとのことだ。

「逮捕された当時、キング死刑囚は後悔の念をまったく見せませんでしたし、今夜もその様子はありませんでした」と、故バード氏の姉、クララ・バード・タイラー氏は声明を発表した。「今夜の執行は、彼のおこないに対する当然の罰です」

キング死刑囚は、バード氏殺害で逮捕および起訴された3人のうちの1人。バード氏はが最後に目撃されたのは1998年6月6日、キング、ローレンス・ラッセル・ブリュワー、ショーン・ベリーの3人と軽トラックの荷台に座っている姿だった。3人の男は彼を殴り、顔にペイント缶をスプレーした後チェーンでトラックにつないで、テキサス州ジャスパーの道路を3マイルほど引きずった。キングとブリュワーはともに死刑を宣告され(ブリュワーは2011年に死刑執行)、ベリーは終身刑を言い渡された。

事件のあまりの無残さに世界中が衝撃を受け、議会は彼を偲んで反ヘイトクライム規制法を草案。2009年にヘイトクライムを禁止する連邦法が可決した。これはバード氏と同じ1998年、ワイオミング州のララミーで激しく殴打された末、フェンスに縛られたまま放置されて死亡したゲイのマシュー・シェパード氏にちなんで、「マシュー・シェパード、ジェーズ・バード・ジュニアヘイトクライム禁止法」と名付けられた。

自他ともに認める人種差別主義者だったキング死刑囚は、有色人種に対する嫌悪を大っぴらに公言し、首に縄をかけられた黒人男性といった人種差別的なタトゥーをいくつも入れていた。だが彼は何年間も、事件の最中に自分は現場にいなかったこと、バード氏の殺害は人種差別が理由ではなくドラッグの取引のトラブルが原因だったことを何度となく仄めかし、自分は無実だと主張し続けた。ブリュワー死刑囚は死刑執行の直前、これを否定。地元の保安官に「すべては(キングの)差し金だった」と語った。死刑執行までの間キング死刑囚の弁護士は、裁判で被告弁護団が無実の主張を提示しなかったことを理由に、人権侵害だとして死刑の異議申し立てを試みたが失敗に終わった。アメリカ連邦最高裁判所は、死刑執行の数時間前に上訴申請を棄却した。

1/2ページ

最終更新:4/29(月) 15:10
Rolling Stone Japan

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Rolling Stone Japan vol.06

CCCミュージックラボ

vol.06
2019年3月25日発売

1000円(税抜)

特集:HYDE
ヒプノシスマイク
モーニング娘。’19 ライブの舞台裏
特集「今のポップシーン」の主役たち

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事