ここから本文です

柴崎岳、先発復帰で攻守に貢献も敗戦。ヘタフェは2試合勝利なしもCL出場圏内をキープ

4/29(月) 1:14配信

フットボールチャンネル

【レアル・ソシエダ 2-1 ヘタフェ ラ・リーガ・サンタンデール第35節】

 ラ・リーガ・サンタンデール第35節、レアル・ソシエダ対ヘタフェが現地時間28日に行われた。試合は日本代表MF柴崎岳が所属するアウェイのヘタフェが1-2で敗れた。

【動画】本田圭佑、実は200ゴール決めていた!?知られざるプライベートにも迫る!

 前節レアル・マドリーに引き分けた4位ヘタフェはレアル戦欠場となった柴崎が右サイドハーフで先発復帰となり、今季リーグ戦5試合目の出場を果たした。ヘタフェはUEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得へ向け、負けられない。

 18分、ヘタフェがコーナーキックのピンチを迎える。R・ソシエダの左コーナーキックにメリーノがニアに飛び込むと、ジェネが後ろからスライディングタックル。これは一度流されるが、主審が試合を止めVARで確認。R・ソシエダのPKの判定となった。これをホセが決め、R・ソシエダが先制した。

 だが、ヘタフェも反撃。49分、左サイドで柴崎が相手にプレスをかけ、相手陣内で奪うと、そのままドリブルで前進。中央に絶妙なクロスを送るが、わずかに味方に合わなかった。だが、ヘタフェは追加点を許してしまう。53分、ホセの右サイドからのグラウンダーのクロスに中央でオヤルサバルがダイレクトで合わせ、R・ソシエダが追加点を奪った。

 諦めないヘタフェは89分、右からのクロスに相手DFがフリック。ファーサイドにいたサイスが拾って、右足でシュートを放つ。これがゴールに突き刺さり、ヘタフェが1点を返す。だが、結局同点ゴールを奪うことはできず、ヘタフェは1-2で敗戦を喫した。

 敗れたヘタフェだったが、5位セビージャと6位バレンシアも共に敗れたため、順位は変わらず。セビージャを突き放せなかったものの、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位をキープした。

【得点者】
21分 1-0 ホセ(レアル・ソシエダ)
53分 2-0 オヤルサバル(レアル・ソシエダ)
89分 2-1 サイス(ヘタフェ)

フットボールチャンネル編集部

最終更新:4/29(月) 1:14
フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事