ここから本文です

レアル指揮官ジダン、ユーベ興味のヴァラン移籍を否定。「彼はここに残る」

4/29(月) 22:00配信

フットボールチャンネル

 リーガ・エスパニョーラのレアル・マドリー指揮官ジネディーヌ・ジダンが移籍が噂されるフランス代表DFラファエル・ヴァランの移籍を否定した。英メディア『ミラー』などが現地時間の29日に報じた。

【写真特集】レアル・マドリーからもランクイン! プレイヤー能力値ランキング(1位~50位)

 フランスのランス下部組織出身のヴァランは2010年にトップチームデビュー。その後、2011年にレアルへ移籍を果たした。フランス代表のCBとして2度ワールドカップに出場し、昨年のロシアワールドカップではフランスの優勝に貢献した。UEFAチャンピオンズリーグ(CL)では4度の優勝を経験し、25歳にしてクラブと代表で世界の頂点を見た。

 ヴァランには以前からイングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドが獲得に興味を示していたが、イタリア王者のユベントスも獲得に興味を示している。

 だが同メディアによると、試合後の会見で指揮官は「今季最後のポジティブな点はヴァランがここに残るということだ」と移籍の噂のあるヴァランのレアル退団を否定した。

 ヴァランは帰ってきたフランス人指揮官の下、さらなる活躍をすることができるのだろうか。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:4/29(月) 22:00
フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事