ここから本文です

タイガースよ、甲子園の利点を生かせ!【川口和久のスクリューボール】

4/30(火) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

看板に偽りあり?

矢野燿大監督、前向いていこうぜ。先は長いよ/写真=佐藤真一

 最初に、ちょっと気になったことを書く。

 4月9日の巨人戦(ナゴヤドーム)で、中日のサード・高橋周平がゴロを好守も、送球がビシエドのファーストミットを突き破ってセーフになり、得点にもつながった。網の紐が切れたらしいね。

 ピッチャーは完全に「よし、アウト」と思ったはずだ。かわいそうだし、俺も困る。なぜか? 野球教室でいつも言っているんだ。

「みんな道具は大事にしなさい。プロの選手があんな素晴らしいプレーができるのも、物を大事にしているからだよ」

 俺は、ロッカールームで外国人選手がグラブを磨いているのを見たことがないが、別に自分でやらなくても、球場には用具メーカーの担当者がいつもいる。頼めばいいだけ。あれは不運じゃない。準備不足の怠慢だ。

 明らかに準備不足の球団もいる。これも運不運以前の問題だね。

 4月20日からの阪神─巨人3連戦(甲子園)は“平成最後の伝統の一戦”と宣伝されていたが、「看板に偽りあり」だ。問題は阪神。本拠地3連敗。しかも、明らかな力の差がある。阪神ファンはどっちらけじゃないかな。

 昨年3位の巨人は、丸佳浩を獲得するなど、批判されながらも大型補強をした。では、最下位の阪神は何をしたのか・・・ 本文:1,580文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:4/30(火) 10:00
週刊ベースボールONLINE

おすすめの有料記事

もっと見る