ここから本文です

中日・アルモンテ 不調と外国人枠調整で抹消/春の誤算“喜怒哀楽”

4/30(火) 12:02配信

週刊ベースボールONLINE

 開幕4戦目にして、早くもソイロ・アルモンテの名前がスターティングオーダーから消えた。来日1年目の昨季は『アルモンテハンマー』とも言われた強力な打撃で、リーグ5位の打率.321、15本塁打、77打点をマーク。今季も当然、中軸を任されたが、開幕カードのDeNAとの3連戦で10打数無安打。まさかのスタートとなった。

 「何も心配していない。まだ始まったばかり。状態は悪くない。何も変えることはないよ」と話していたアルモンテ。だが、与田監督は動いた。試合に出てきっかけをつかませるのではなく、スタメンから外し復調を促した。アルモンテも試合中にベンチ裏で振り込むなど、真面目な性格だけに隠れた努力を重ねていた。

 4月6日のヤクルト戦(神宮)では、代打で登場し、石川雅規から本塁打。これが今季16打席目にしての初安打だった。翌7日にも、スタメンで2試合連続となる本塁打を放った。一瞬、上昇ムードを漂わせたが、状態は思うように上がっていかなかった。

 波留敏夫打撃コーチは「良くない。左打席はまだいいけど、右打席が特に良くない。体のキレがない」と言う。実際、左打席の結果はアウトでも力強い打球を放つシーンが多い。一方、右打席は凡打の内容も良くない。アルモンテに代わって左翼で出場することが多い福田永将が好調だったため、深刻な問題と化していなかった。

 しかし4月25日の広島戦(マツダ広島)にエンニー・ロメロを先発させるため、外国人枠を調整する必要があり、アルモンテが抹消されると、強力打線は勢いを失った。三番の大島洋平が好調だが、福田や阿部も徐々に調子を落としている。五番を務められる打者がいないことで四番・ビシエドへのマークがより厳しいものになり、アルモンテ抹消期間中のビシエドの打率は.143。さらにチームの平均得点は、わずか1.75点と、打線につながりを欠いている。

 アルモンテの不調、抹消による打線低迷は誤算だが、何とか埋めていくしかない。福田をはじめ遠藤一星や井領雅貴、初めて一軍登録中の伊藤康祐らが、これを“うれしい誤算”に変えてくれるか。

写真=BBM

週刊ベースボール

最終更新:4/30(火) 12:02
週刊ベースボールONLINE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ベースボールONLINE

株式会社ベースボール・マガジン社

野球専門誌『週刊ベースボール』でしか読めない人気連載をはじめ、プロ野球ファン必見のコンテンツをご覧いただけます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ