ここから本文です

ジダンは「廃墟同然」だったマドリーの何を変えたのか【ワールドサッカーダイジェストのザ・ジャーナリスティック】

4/30(火) 22:44配信 有料

SOCCER DIGEST Web

終わったはずの選手が躍動

理想とする型にハメ込むのではなく、優れたクラックたちをただピッチに解き放ったジダン。マドリーでの勝ち方を熟知する指揮官だ。(C)Getty Images

 3月11日、ジダンが監督としてマドリーに復帰した。「廃墟同然」と揶揄されていた名門は、この指揮官交代を境に最悪の状態を脱した。革新的な戦術も魅力的なスタイルも持たない名将は、いったいチームの何を変えたのか。(文:ヘスス・スアレス・訳:小宮良之 2019年4月18日発売ワールドサッカーダイジェスト『ザ・ジャーナリスティック スペイン』を転載)

―――◆―――◆―――

「インテリジェンスに富んだフットボーラーは、自由を与えられた中でも物事を整理しながらプレーできる。そうでない選手は、ディシプリン(規律)を必要とするものだ」

 これは、アルゼンチンの名将ルイス・セサル・メノッティが私に教えてくれた言葉である。最近、私はこの言葉の意味を噛みしめている。

 ジネディーヌ・ジダンはおよそ9か月ぶりにレアル・マドリーの監督に復帰し、チームのイメージをガラリと変えてみせた。「廃 本文:3,886文字 写真:2枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込54
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

最終更新:4/30(火) 22:44
SOCCER DIGEST Web

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る